ニペソツ山 ハイク 大雪山・十勝連峰

ニペソツ山 幌加温泉コース 令和元年8月10日/11日

 

エサオマン中止、一路ニペソツへ

幌加温泉コース

雨降ると登山道がグチャグチャになる位

ポイント・核心

・ハイシーズンの前天付近のテン場は血で血を洗う混みようか?

・前天下の快適なコルはテン場にもってこいだが普通にくまが出た

ニペソツ山

【標高】 2013m
【三角点】 2等 二屏卒山 山頂には見当たらない
【アイヌ】 ニペシ・オツ/シナノキ・多い
【百名山】 日本200名山

北海道100名山

【ルート】 幌加温泉コース
【テン場】 ・前天前稜線/4張 ・前天/2箇所2と1 ・前天コル/∞
【登山口】 最終Pは入口から2㌔強 8台位か
【距離】 21.1㌔


8/10 10:00 幌加温泉最終P~ 14:30 前天テン場・宴
8/11 6:10 前天テン場~ 7:40/7:50 ニペソツ山~ 9:00/10:00 前天テン場~ 幌加温泉P12:40 オギと

<Slide Photo>

 

 

おどし玉

焚き火中

前天から

天気悪く連日の雨で戸蔦別川増水+予報は+カムエク🐼の件がありニペソツへ転進、16ノ沢が壊れてから夏のニペソツは気になっていた、テン泊装備の登山はやっぱりキツイけどオギとのテン泊はやっぱり楽しいわ、それにしても天気が悪く8月なのに10℃以下…寒さはシュラフとカルビと【焚き火が暖めてくれた

今日は沢靴しかなかったが登山道は水浸しで丁度良いがソールの減りが気になる、稜線は強い風と雨で思わず雨具装着、雨具無しで長時間当たれば低体温だな油断は禁物、テン場は前天が埋まってたら天狗下の沢筋と考えていたが前天のとこは空いていた、翌日ニペを詰める時にテン場予定地の天狗下の沢筋にくま🐼がいた、終始興味津々に動向を追うがあの盛り上がった肩を揺らしハイマツを踏みつけて歩く姿を見ると襲われたら即ロクだなと素直に思うテン場については考えさせられたいい機会になった

ネットで販売しているおどし玉は爆竹と変わらない程度、やはり【轟音玉】かなと思いつつ、逆にくまを刺激してしまう可能性も考慮し使い方には気を付けたいものだ、涼しくなると動物の行動範囲は拡がる、なきうさぎが出現しやすくなり、くまも活発に動く、暑い日が続いたと思えばいきなり低温になる、最近は天気をあまり詳しく見なくなったのも良くない傾向だ

ニペに夏に来たのは5~6年振り位か?はっきりとした雄姿は拝めなかったが歩くたびに色々な事を思い出しやっぱりいい山だなと思った、幌加温泉コースが整備され16ノ沢はもはや不要に思えた、そういえば早く【クチャンベツ】直して

 

-ニペソツ山, ハイク, 大雪山・十勝連峰

© 2021 日高の懐へ