趣味の北海道登山記録と闇

ポンショカンベツ川 平成30年9月30日

平盤つるつるアタック!

核心部は間違いなく965m3段60m滝の高捲き、平盤はビミョーにツルツル、雨が降って濡れると難易度はますのでは?GAN様の言う通り776から面白い、自分で頭を使い攻めるのが面白い

札幌から車で3時間飛ばせば2時間、意外と近い暑寒別岳、紅葉の時期の暑寒別岳は本当に美しい、しかしここの登山道はあまり食指が湧かない

暑寒別岳

  
【標高】1492m
【三角点】1等 三角点
暑寒別
【アイヌ】ショ・カ・アン
・ぺ
滝上にある川
【百名山】日本二百名山
北海道百名山
【ルート】ポンショカンベツ川
~夏道
【距離】17.5㌔
【登り】
【下り】
6時間
2時間30分
【小屋】暑寒別荘
【テン場】760辺り1張
【林道】-
【渡渉】-
【温泉】浜益温泉 500円
アメニティ有

登山口5:30~頂上11:40/12:10~登山口14:30 D君と

適当に入渓、渓相はいい感じで荒れてない
分解したら動物の毛入り、アナタ~シカ食べましたね
776手前で急に荒れだす
776分岐
776二股の手前にテン場1張分
ご挨拶の滝、若干いやらしいが難しくない、810の懸垂はどこだ
足元確実に1個目
2個目、GAN様の本で言う懸垂はこの滝かな?
まったり
965m三段の滝、行けなくもないが左から捲き気味に行ってトラバって滝上に出れそうだが結果としても3段目は捲かなきゃならない
気合を入れてここをトラバースして滝上にも出れそうだが左の沢に行かず尾根乗っ越して3つ滝を捲いた方が無難、ここが核心部だろうな
965左の沢上がるD君、見るからにツルツルな岩、油断禁物
捲きながらの景色、3個目の滝を捲く時にD君が獣道発見、傾斜有りズルズルでいやらしかった、まあ落ちても打撲程度、バイルが凄く効いた
源頭まで滝は続く、足元ぐずぐずで微妙に最後まで油断できない
沢沿いに詰めちょっとヤブ漕いだらガレを登り稜線へ、ケルンの辺りに出る
ピークは何も見えねえ
紅葉と海
走るD君
最新機器ドローンとD君、時代は進化しているな、そう思うともうおじさんだな
わ~い、大好物だ~
暑寒荘、おしまい

まさに難しくも無くやさしくもないそのままのルート
965m3段の滝はまとめて高捲きが無難、バイルが有効、滝はヌルヌルして滑る、意外と1000越えたあたりから油断しがち
クマのフンが新しいのが結構ある、これから行動が活発になるのかな?
魚は440以降にいる、サイズは今ひとつだがテン泊したら楽しそう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。