道央 道北の沢 沢登り 支笏

丹鳴岳 丹鳴川 令和2年5月19日

 

核心部はワカメ、Drしばしの帰還

丹鳴川

初心者向けの沢の割に体力とヤブ漕ぎ・ルーファイ等思ったより大変

・Co300~500m異常に滑る、ワカメが生えてたら注意

・5月はダニ注意、ヤブ漕ぎのルーファイは慎重に

丹鳴岳

【標高】 1039.6m
【三角点】 三等 丹鳴岳
【アイヌ】 ニナ・ル・ウシ・トム/薪取りをする・道・ある・ところ
【ひとくち】 丹鳴山(になるさん) フウシノホリ
【ルート】 丹鳴川
【タイム】 P~丹鳴岳/4h
【距離】 16㌔

P7:00 ~ピーク11:00/11:10 ~P15:00 Drと

 

なめ

ワカメの埋め込み記憶のせいでおそるおそる

難しいとこは無いが道中岩に付いた黒くて長いコケ?<ワカメ>がやたらと滑る、ピークに向かう道中沢筋・けもの道をうまく繋がないと背丈位のきつめのヤブ漕ぎになる、5月~6月がピークなのかダニがおそろしく付く、なめが多い沢で渓相はいいが河原歩きが長い、魚はCo300位までか?行者はもう終わり

今年もまさかの相棒がはるばる帰ってきた、今年はどこまで行けるのかとても楽しみである

-道央 道北の沢, 沢登り, 支笏

© 2020 日高の懐へ