とあるハイカーの北海道登山記録

北戸蔦別岳 二岐沢三ノ沢 令和元年8月18日

 

ニュー北戸蔦別岳

僕は幌尻よりも1967よりも戸蔦別岳よりもこの山が本当に好きになりました

北戸蔦別岳

【標高】1912m
【百名山】
北海道百名山
【三角点】-
【アイヌ】トッタ・ペッ
函状の川
【ルート】千露呂川二岐沢三ノ沢~夏道
【距離】22.1㌔
【登り】
7時間
【下り】2時間
【小屋】-
【テン場】3の沢道中は無い、カールは怖い、北トッタからはどこでも
【林道】チロロ林道
快適だなあ
【温泉】ゆから
アメニティ有500円
【メモ】ファンタスティック!
ナイスですね
【メモ2】高巻きだけの沢ではない

大高巻きがメインのように書いているが水量の多いナメ・小滝・滝のいかれた連続攻撃、北戸蔦別カールからの荘厳な景色のこのルートはまさに茗渓!、大滝が多い登攀向けの沢ではないが、お腹一杯のパンチが効いた沢

6:30 登山口~ 7:30 3の沢分岐~ 13:30/13:40 北戸蔦別岳~ 14:00/15:00ヌカビラ岳 ~17:00登山口

オギと

 

核心の滝1段目

 

大高巻き中、カメラバッテリー切れ(笑)

轟音玉ファイア!、映像以上に爆弾である

 

水量が多い沢だと思う台風の2日後だが多分平水位に近い状態だったと思われる、大高巻きは右岸、斜度がきつく根っこから抜ける木も有るので注意、黙々と登りバンドを越して行く、GPS頼りの高巻きのルート判断ができない人は行くべきではない沢

結構疲れるので体力に自信が無いとビバーグあるかも、ナメと小滝は致命的な難しさは無いが油断できない滑落注、なめ滝の激しい水流で足すくわれたり、足場が微妙なところも有る、少しシャワーを浴びてしまうかもしれない滝があった、1500超えたあたりから岩が滑りだす、最後の詰めは基本水量の多い方に行き最後はハイマツ漕ぎ、1967側の稜線に出る

記録少ない沢だがとてつもなく面白い沢だと思う、もっと人気があってもいいのにな…オギも着々と変態への道を歩んでゆく、何処まででも行こう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。