趣味の北海道登山記録と闇

十勝岳 ニオベツ川上二股沢北西面左股~右股 令和元年6月27日

渋い沢ですな

十勝岳

【標高】1457m
【三角点】3等「幌尻」
【アイヌ】-
【百名山】-
【ルート】ニオベツ川上二股沢北西面左股~右股
【距離】11.4㌔
【登り】
【下り】
4時間/
4時間
【小屋】-
【テン場】十勝岳稜線下2張?
【温泉】三石昆布温泉
【メモ】F2の15mは右岸巻き
山谷は25m?
F3の40m滝は最後若干
いやらしい
F3GAN様では10m
とあるが…
【メモ2】右股も油断する事なかれ

単独でやろうと思ったらFさんが来た、また行きましょう日高へ

6:00 翠明橋~7:20 780二股左~ 10:00/10:30 十勝岳~780二股右 15:00 翠明橋 Fさん

林道つなぐと速い
750二股は右、左に入ってしまったので乗越
780二股、なかなか見落としやすい
水が枯れ何か起こる前兆でこの滝とは日高はいつも楽しませてくれる
右岸を巻く、直登はビミョー
40m滝、要所で滑り不安になるも直登した
丁度いやらしい所に残置ハーケン有ったので確保して互いに登る、水量少ないものの水を結構浴びる、楽しい
深山幽谷
ウコンウツギ
軽い藪漕ぎで稜線、冬とは違った趣がある
絵になるFさん
楽古側は残念ながらガスだったが満足
ピーク手前から
右股初めはヤブ→ガレ、浮石半端ないからここも大人数で入るのはあり得ない
ナメ、結構滑る、滝は何回も巻く、右股も侮るなかれ2回コケる
しなくても行けそうだが懸垂訓練も兼ねて、ここでもこけた
振り返ればナメ

残雪無し、F3が核心か?直登は可能だが微妙な滑りと残り10m位の緊張感はなかなか面白い、水が多ければなかなかのシャワー、核心部を越えたあとの景色は格別、右も左も浮石多く落石注意

右は油断しがちだが要所で浮石、スリップ、巻きがある、下りは緊張する

派手さは無いがなかなか味わい深い沢、好きだなこういうの

Fさんのおかげでもう少し会を続けるきっかけになったと思う、これからも宜しくお願いします

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。