大雪山・十勝連峰のスキー スキー

原始ヶ原 富良野岳 令和2年1月18日

 

冥府魔道の原始道場

原始ヶ原

とにかく長い、修行以外なら三峰山中間尾根から上がり下降で使う方がいいかもしれない

ポイント・核心

・滑走は沢筋付近から原始か登山道寄りからゴーカートの木から原始

・前富良野岳もおいしそう

・林道は2箇所登り返し、トレース有れば自動運転

・配車が必要だが三峰中間尾根を使い原始を滑れば無駄が無い

富良野岳

【標高】 1912m
【三角点】 一等 神女徳岳(カメットク)
【アイヌ】 フラ・ヌ・イ/臭・もつ・川

「富良野川の上流に硫黄山(十勝岳)から流れる水に硫黄の臭気があるため飲むに堪えない事から」

【一口】 旧 ヲツチシベンサイウシベ/峠の・川上の・前・そこにいつもある・もの 川上・川下の位置関係は布部川
【百名山】 北海道百名山他
【ルート】 原始ヶ原
【林道】 布礼別林道/フレ・ペッ(赤い・川)
【タイム】 P~富良野岳/8h50 富良野岳~P/2h半
【距離】 27.5㌔

 

最終除雪地点5:10~ 富良野岳14:00/14:15~ 最終除雪地点17:00 オギと

<Slide Photo>

原始♡

ラッセル♡

いつものやつ♡

スケベなピークから、ナイスですね

原始ヶ原で鍛え直し最近は少し登山に慣れすぎていたのかもしれない、もうへろへろだったがかつてない充実感、登山ってこういうものだった思い出したぞ!天気と相まって今日は山に祝福された

久々にモモ攣ってロキソニンと芍薬甘草湯のお世話になった、くそ寒いのに太陽がギラギラで汗をかきまくり、滑ろうとした滑走面を鼻差でガイジン×10人位にめちゃくちゃにされた、BCは血も涙もない冥府魔道、今日は至る所で滑走痕この山域は満員御礼だ

 

【R元 12/20 Co1500まで】

押忍!!原始道場

原始ヶ原

距離が長いが修行にはうってつけ、下りの3ノ沢近く滑走は怖い

ポイント・核心

・難所は無い体力勝負、雪が安定してないとCo1400から絶えず雪崩の危険

ひとくち1

・道路は夜間空いてるが日中閉鎖される、原始ヶ原入口直線以外通行止めになる注意、除雪今ひとつ雪の轍で道悪く下手したら車埋まる

メモ

・靴が合わず締め付け酷くかなり痛い、足が痺れ疲れる→助けてパドル

・ゴーグルよりもメガネが曇る、吹雪と相まって何も見えねえ→コンタクト買うか~

・スキー場で滑れても意味が無い、滑りが難しい…

・新しいザック使い始めで何処に何を収納してるのか忘れた

・シール脱着が遅い

・デジカメ寒さですぐ死ぬ

富良野岳

【標高】 1912m
【三角点】 一等 神女徳岳(カメットク)
【アイヌ】 フラ・ヌ・イ/臭・もつ・川

「富良野川の上流に硫黄山(十勝岳)から流れる水に硫黄の臭気があるため飲むに堪えない事から」

【一口】 旧 ヲツチシベンサイウシベ/峠の・川上の・前・そこにいつもある・もの 川上・川下の位置関係は布部川
【百名山】 北海道百名山他
【ルート】 原始ヶ原
【林道】 布礼別林道/フレ・ペッ(赤い・川)
【タイム】 P~Co1500/6h Co1500~P/2h
【距離】 23㌔ Co1500まで

ゲート入口6:00 ~林道口7:00 ~登山口7:30 ~1500m11:20/11:50 ~ゲート入口14:30 Drと

<Slide Photo>

 

もはや1秒しか録画できないデジカメ、原始ヶ原編

時間あったが眺望も無いそこまでピークにこだわらないから撤退

悪天・強風・吹雪視界不良・弱層テストにもならない高確の表層雪崩登山道東側斜面、自分のレベルを考えていい決断だ開幕で事故ったら笑えない近いうちここは必ずもう一度やる天気のいい日に、もう少し体力つけてまた来よう、それでもあっさり撤退決断後も結局2人ともデポして行けば良かったかなと口走ってしまった悔しいんだな…

-大雪山・十勝連峰のスキー, スキー