とあるハイカーの北海道登山記録

国土地理院地図を見るという事

 

GPSも手軽になりネットで地理院地図(旧・電子国土)の閲覧・印刷が可能でもう時代遅れの紙媒体になっているのかもしれない、1枚300円以上しやがってなおかつ2枚にまたがる事も多々あり結局繋げて2枚以上になるから出費がかさむ最悪なのは3枚パターンで本が1冊買える、しかも大きな街ならいいが田舎だと地図自体が売っていないというなかなかシビアな現実がある

地図読みが得意なわけでは無く登山中は必ず地図しか見ないわけでもない今でもむしろGPSをメインにして地図を補助的に使っていることが多い、しかし山行前に地図を読みこみ山谷やGAN様の本の内容を書き込んだりする、自分はとにかく国土地理院地図を見ることが好きだからこそその作業の段階から登山がはじまっていると思うし想像も膨らみとても楽しい、地図を理解し登山をすることは実は決められたルートをただ辿る事よりも登山の楽しみの一つとして拡がりを持たせてくれる、それに多少道に迷ったりしてもかなり柔軟に対処できる力を養えると思う、道を外したらヤブを漕いでリカバリーでも良い

登山を始めた頃は地図を見るのは嫌いだった正直見ても意味が解らないから、GPSが無かった頃の人や山岳会とかでも地図読みは命に関わる事だから絶対に必要だというそれは間違いなく正しい、だけど面白くないものを無理くりやろうとしても極限状態に追い込まれない限り自分は地図を見ることは無かったと思う、まずは地図を一枚買って登山前と帰ってきたらめんどくさがらず地図を広げてみると徐々に地図読みの楽しさが出てくるあそこはどうだったこの分岐はわからなかったあのポコはこれだとか、そうこうしている間に地図がとてつもなく好きになった読めるようになったからだ、初めて現在地と地図読みが当たった瞬間は気持ちが良かった、今書いていることは自分は地図読みが苦手な分類だったからこそで普通の人はコイツ何言ってるのか理解できないと思われるかもしれないそれは正しい

地図を見ることで①冬はいわゆる既存以外のルートの発見、その挑戦が自身の登山の奥行きを少しづつ広げてくれること、②無理だと思っている山域でもまずは大枠を捉えることで具体的な計画や情報が見えてきていずれは実現可能になっていくきっかけになるもの、③地図に触れる事が気が付いたら読図力があがる事なんてこともあり…上手くは言えないがとにかく地理院地図は”宝の地図”という事にしておこう

元々難易度がある静内側の沢、自分は行くことが無いと思っていたがその原因が難易度以外にもアプローチの解りにくさ情報の少なさだった、取り付くまでのアプローチを理解し地図を読み考える事で必要な情報がわかり挑戦する気がおこる、そうなると自分がまずどこへ行けるのか考えだし未知の沢への挑戦の一歩となる、この瞬間に自分の行動範囲が少しづつ拡がっていく、不思議とネットの山行記録だけ見るよりもこの地図とにらめっこしてすり合わせていくとすんなりと情報を噛み砕ける

大雪五色沢の温泉マーク、実際にはそこに温泉は無いのかもしれないがこの場所を自分の目で確かめてみたくなる、漠然とルートだけ見ていたら結構見落としがちだし地図は見るほどに新しい発見が多い、とにかく人の心の奥底にある冒険の心を引き出してくれるニクイ奴

自分は行くことが無いと思っていたリクマンベツ川ですら地図を見れば見るほどここを遡りたい気持ちが大きくなる、ここに挑戦するために経験・技術・体力も年々養いいつかは挑戦する日が来るだろう

色んな人達の血と汗で出来上がってきた長い歴史を持つこの地理院地図は登山者に夢を与えてくれる宝の地図だと思っている、時代が変わってもこの地図は登山というものがある限り無くならないでいてほしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。