道央の沢 沢登り 札幌圏の沢

山の恵み ラルマナイ川 左股~中股 730林道まで 令和3年8月23日

釣れナイ・汚ナイ・つまらナイ川

山の恵みたち

ラルマナイ川

空沼を見にいく以外は行く意味がないと思った、魚は9割人差し指サイズ

林道の橋の下に立派なゴルジュ帯があり糸を垂らしたが全く釣れなかった、フェルト底のゴミがあったので釣り人も入っているのか?全行程でここが一番美しかった

ラルマナイ川左股

・水量が少ない沢のため釣りには向いてない、行者も大したなさそう

・Co440のゴルジュみたいな深い小滝に20㎝強のイワナ、このサイズはここにしかいないのか?探ればまだいそう

・Co550から魚走るも豆サイズ、Co730導水管は釣り堀だが豆サイズ、この川とにかくスレてるし小さい

・ロープ、ハーネスいらず

ラルマナイ川中股

・水量少なく大荒れの見た事ない位のブタ沢【定天イワナ沢】よりひどい

・滝も無く泥の汚いなめと最終の砂防付近Co340位に立派な小滝があるだけ

・魚がまるでいない、汚い泥のなめの深い所には🐟カジカクン🐟

ラルマナイ川

渓流釣り

【アイヌ】 ララマ・ナイ/イチイの・川

ラルマ・ナイ/水無川

空沼(からぬま)→空沼(そらぬま)→ソラルオマナイ→ラルマナイ?

色々と解釈があり判別しない、なんか大変そう…

【釣果】 イワナ 20Cm位1匹のみ 豆魚∞ カジカ6匹位
【メモ】 Co730上に砂防有、この上はわからないが多分ここで魚止か?とりあえず沢と釣りどちらもマヅい
【メモ2】 中股は行く意味がないと思う
【装備】 ロープ・ハーネスいらない
【亡装備】 スノーピーク針外し(;´Д`)

P6:30~ Co730 11:00/12:00~ P15:30 とらさんと

小魚入れ食いSHOW!

今はモチベが低くとりあえず近場で釣りをしながらリハビリを敢行した、近場の沢は行者や釣りが出来れば何かと便利だから…結果はちょっとブタ過ぎて釣れないマヅい沢だった、多分ここは行者も少なそう…

林道は工事中だったのでラガーマンは外れていたが閉じ込められると嫌なので山水橋まで20分ほど歩き入渓、そういえばラガーマンアタックは失敗した

水量少なくひたすら歩きCo440で小滝がありイワナがいたが続かず30分ほどで竿を納め先に進む、道中の深そうなところは小魚しか釣れずCo550辺りから小魚が沢を走るようになるも釣れるのはヤマメとイワナの小魚のみしかもスレてる、Co730の林道合流点の導水管下が釣り堀だが相変わらずの小魚ぶり、林道歩きラルマナイの中股沢へ

中股沢はかなり荒れて水量も少ない如何にも魚がいない沢、山水橋付近に砂防が連続している所を鑑みるとすでに魚止めで水量の少なさは上流の魚の生息が無いことなのかと思う、とにかく何もない沢で林道合流点付近で小滝が1つある位である、道中にあった泥のなめにはカジカしかいない

林道の橋からきれいな小滝が見えたので橋から河原に降りると美しいゴルジュがあったが魚は全然釣れなかった

この川は【蜘蛛の巣城】を見にいくか空沼を見たいという気持ちが無い限りもう行くことは無い沢だとおもった、退屈な遡行は釣り竿が楽しませてくれた

-道央の沢, 沢登り, 札幌圏の沢

© 2021 日高の懐へ