山あれこれ

山の恵み 白老川 令和3年5月4日

 

白老収穫祭

白老川

高巻きが出来ればロープはいらない

ポイント

・上の畑は雪で埋まってた残念、主に道中の枝沢で収穫

・今が旬だが、水が冷たく気温が低すぎる

・大物は常に捕獲困難な断崖にいる

 フクと

白老川

【収穫】 土嚢×2
【状態】 太くて柔か、甘い!Good!
【ダニ】 ゲートで1匹
【装備】 バイル、ロープ10m
【メモ】 ・バイルと6本爪あると泥付きが楽

・見つけやすいものは細い、大物程捕獲が厳しい断崖にいる

<Slide Photo>

白老の沢の偵察と行者にんにくの捕獲にフクを誘い入渓する、気温は低く水は異常に冷たいが日中は15度近くまで上昇し帰りは快適だった、ダニが付いたのでもうこの時期からと戦慄を覚える
途中で引き返しだがおそらくCo600位から雪渓が出てやぶ漕ぎをさせられる【去年と同じ感じ】だろう、寒さに堪えればGWに白老川はすでに入渓しようと思えば出来るレベル、さすがにこの気温ではまだ【深沢川】に入る気はしない

あてにしていた上部の畑は残雪ががっつり残りあまり捕獲できずここから引き返し中流域での枝沢が捕獲がメインになった、泥付きから断崖のトラバースになりやすく大物の群生は困難な場所にいる為夢中になって欲をかくとあっさりケガをしかねないなかなか奥が深い行者取り、取りやすいとこに生えてる細いのはもちろん取らなかったが、さすがに行者取り人はここまで来ないのか荒らされておらず時間の割に大漁収穫だった

フクはまだ初心者で【大星沢】以来の登山故バテもひどく色々とトラブル、自分の飲料を全てやったのでさすがに今日はのどが渇いた、まだ直登が出来ないため結構高巻きをしたが高巻きもきつかったそうだ、マメに食えと言うのに食わないからシャリバテもあるのだろう帰る頃にはグロッキーだったが事故無く収穫の楽しみを共有できた、Uもそうだが初心者は自分の言うことをあまり聞かない、もう少し自分が上手く伝えれる技術が必要なのだろう、まあいいや

-山あれこれ

© 2021 日高の懐へ