山あれこれ

山の恵みたち

山からの贈り物 山の恵み

行者にんにく

唯一捕獲する山菜、湿った枝沢には宝の山、下界のにんにく取りはくまが怖くてやらない

行者にんにく

・根元から切る、絶対に抜かない

・収穫後のにんにくの太さが戻るのは3年位、細いにんにくは取らない

・太い3枚葉は5年以上のもの、種を多く蒔くので群生維持のためなるべく収穫しないとの事

・今年の捕獲場所は群生保護のためなるべく次年は避ける

・大きい葉でも固くなければ問題ない、種が出てるのはもう遅い

・太くて葉が開いていないものは上物、天ぷらは絶品

・乾いた葉のものはおいしくない

・大物の群生程断崖に潜んでいる、どうしても取りたいのなら要登攀具

・行者にんにくは人間だけのものではない、欲をかくと必ず罰が当たると思う心掛けが大事かも

袴に赤みが全く無い白い行者は偽物の可能性がある、臭いがありイヌサフランで無いにしても取らないのが無難とのこと

<行者の下処理>

1.袴の下を少し切る

2.袴を外しぬめってるところを取る(臭いがきついところなので好みがあるそう)

3.砂が挟まっているので水洗いをする

4.炒めるなら水気を拭き取る

・肉料理の炒め物、刻んで餃子の具、すき焼き・牛丼など
・太くて葉が小さいものは天ぷらが最適
・いい行者は甘くおひたしの醤油+唐辛子で最高の酒のアテ

5.そのまま鍋に投入し軽く茹でる

6.軽く絞り3等分位にしてジップロックに入れて冷凍
・醤油漬けもいいが長期保存は風味が落ちるので都度解凍して調理が無難か(お好みで)

 

釣り

上流域の釣りは沢登らーの特権かも、ここで記すのは渓流釣りではなくあくまで沢の遡行中に遊ぶ程度の釣りでガチでないやつです

焚き火と釣りで泊り山行が忘れられないほど豊かな遊びになる、日帰りの簡単な沢なら釣り竿出して釣り遡行も楽しい

こんな贅沢な時間はお金では買えない

マスだー

遡行中の釜で大物が走る瞬間は胸が躍ってしまう、下流域の比較的穏やかな釣りでは感じることのない険阻なゴルジュに棲むイワナたちの姿を捉えると尊敬の念を抱かざるを得ない、釣りっていいな

沢のぼら―釣り

・林道が並行している沢は釣り人にいじめられてるので警戒心強く大物も少ない、釣り人が来なさそうな沢が良い

・上流域は基本入れ食いでサイズも大きい、でかい釜があれば小躍りしちゃう

・釣りに夢中になりくまの接近に注意

・釣りのポイントは渓流本などに詳しく書いてある

【ギア】

【竿】 華水渓180 道中やぶ漕ぎや過積載で結構折るので安くて仕舞寸法が37cmと短い方が扱いやすい

【道糸】 フロロハリス1号 2.5m程 →2号

【針】 ニジマス7号 ハリス0.8号 →ニジマス9号 ハリス1.5号

【ナスカン錘】 1号 釜を攻めるならガン玉では沈まない

【餌】 ブドウ虫/無ければ川石をひっくり返した時の小虫、環境保護から推奨はしないがワームは予備餌として、だって常温長期保存できるのだもの

※テンカラやミノーなんかもいいのかもしれない、テンカラは作るのは面倒で一体どこに売っているのだろうか?

ニジマス

オショロコマ?未だ見分けがつかない

-山あれこれ

© 2021 日高の懐へ