幌尻岳 ハイク 中日高

幌尻岳 平成30年6月2日/3日

 

焚き火と星と幌尻と

二岐沢2ノ沢

・チロロ林道開通

・沢靴を使った方がいい、道中微妙なシュルンドも有る

・トッタの水は埋まっている、残雪多く下り沢靴なら軽アイゼン必須

・戸蔦別岳~幌尻岳 残雪無い

ポイント・核心

・難しさは無い体力勝負だが残雪のルーファイは確実に特に下り

・個人的には幌尻岳からの眺望より戸蔦別岳から見るカールを抱えた幌尻岳が好き

・人が多い時期はここにテントを張ってはいけない

幌尻岳

【標高】 2052m
【三角点】 二等 幌尻
【アイヌ】 ポロ・シリ/大きい・山

ヌカビラ ノカ・ピラ/形像のある・崖

【百名山】 日本百名山
北海道百名山
【ルート】 チロロ林道 北戸蔦別岳二岐沢2ノ沢
【ルート】 P~北戸蔦別岳/6h 北戸蔦別岳~幌尻岳/2h半
【テン場】 北戸蔦岳頂上3張 ヌカビラ岳近郊(後)2張・(前)1張 ヌカビラ岳1張
【林道】 チロロ林道
【距離】 31.6㌔

6/2 登山口8:15~ 北戸蔦別岳14:00/15:00~ ヌカビラ岳幕15:20
6/3 ヌカビラ岳4:30~ 戸蔦別岳5:30~ 幌尻岳7:00/7:15~ 戸蔦別岳8:30~ 北戸蔦別岳9:40~ ヌカビラ岳10:00/13:00(オギ合流)~登山口16:00 単独+途中までHクン 6/3オギと合流

<Slide Photo>

 

ファイヤートッタ

単独テン泊同士で駐車場で会ったH君に一緒に行こうと誘ってみた、彼はピパイロに花探しに行くそうだ

全般沢靴で通し楽だった、この時期トッタの水は埋まっているのであてにしてはいけない、ハイシーズンにヌカビラに張ると邪魔臭くてヒンシュクを買うと思う、風が無ければ北トッタもいいだろう、オギが帰りに合流した、下りふざけてセードしてたらオギも自分も軽く負傷した、H君は衝撃を受けたのかもしれない

いにしえのブイラルベツ川を使って幌尻に行ってみたいがなかなか工夫が必要だろう、いつかは…

-幌尻岳, ハイク, 中日高

© 2021 日高の懐へ