沢登り 中日高の沢

幌尻岳 額平川三ノ沢 ~ プイラルベツ川 令和3年7月18/19日

全てはブイのために

額平川三ノ沢右股

・継続遡行に使用したブタ沢、1515まで3時間強程

・行者の山かも

プイラルベツ川

幌尻っ子の夢をかなえてくれる新冠水系のクラシックルート

ポイント・核心

・継続遡行で1515峰から下降、2時間強でプイラルベツ川取水へ

・人が入らないせいかとにかくクマの気配が多いくま糞だらけ、幕営に適した場所は道中ほぼ無く張れそうなところには必ずくま糞があった、今回はCo1100でテントは使ったがほぼオカン!?

・30m大滝(ゴルジュ入れたら6~7段60m?)の高巻きは難しい、情報が少ないだけに自分で高巻きの見極めが必要、高巻きはグズグズで確保した

・要所でいやらしい滝がある、Co1400越えてからの滝もいやらしい、短いながらゴルジュも有り稜線に上がるハイマツ漕ぎもかなりきつい

・アプローチの悪さもあり要所で荒れてる沢だが、個人的にはピリッとした茗渓だった

・Co1400は左であとは夏道に向かい詰めた、Co1400右→Co1630右に取るとどうなるのだろうか?

反省点

・Co1020大滝ゴルジュは前衛峰は小さく小巻して両岸ルンゼの左岸を使うことで最短で巻けてゴルジュに突入できる、小巻の一手がいやらしく上にあげられ懸垂し右岸巻きなのでゴルジュ滝の5段目付近に降りた時間も結構費やしたこと

・直登できた滝を何個か高巻いた、悪いことではないが登れるところは登っても良かったかも、体力不足からくる自信喪失か?

幌尻岳

【標高】 2052m
【三角点】 二等 幌尻
【アイヌ】 ポロ・シリ/大きい・山

ヌカン・ライ/細かい・沢

プイラルベツ
プイラ・ルイ・ペ/激流・激しい・川

【百名山】 日本百名山
北海道百名山
【ルート】 プイラルベツ川
【テン場】 今回はCo1100付近、Co1230分岐辺りとCo1490付近が何となく良さげも雪渓有、道中の川沿いに2張り張れそうなところには必ずくま糞がある(笑)嫌がらせか
【タイム】 ・ヌカンライ右股登り-3h強

・Co1515と東コルの沢下降-3h弱

・プイラル取水~稜線-9h半(;´Д`)

・稜線~幌尻-40分20分

・山荘まで1h半強

7/18
三ノ沢6:30~ 1515m10:00~ プイラル取水12:00/12:30~ Co1100 17:00
7/19
Co1100 5:30~ Co1840稜線11:00~ 幌尻岳11:40/12:00~ 幌尻山荘15:00/15:30~ 三ノ沢17:00 オギと

<Slide Photo>

7/18

7/19

 

焚き火♡

幌尻のお花とハイマツ漕ぎのパウダーにやられた男

ほろしりから

 

旧山谷で発見した忘れられたクラシックルート、昨年は実現せず今年オギを着火し遡行する、自分もオギも幌尻には思い入れがありいつかは沢からと夢が有ったが互いに連休は1泊2日のサラリーマン同士なので簡単な2泊3日の新冠川本流は難しいしそもそもそこまで行くならナメワッカのポンベツ沢に入りたい、遡行して思ったが幌尻に対する思い入れは実は自分よりもオギの方が強かったのかもしれない、自分の好きな山を沢から登ることは本当に幸せだと思う

ヌカンライ岳は【Gan様の本】の額平川三ノ沢左股ではなく右股を使う、滝らしいものも無くただ継続遡行のために使用、ヌカンライ岳はついでに踏もうと思ったがCo1515から地図上に無い登り返しが有り笹が濃く時間食いそうなのでやめて早々に南東面を下降する、急ではあるが笹も掴めロープを使用する下降は無いので2時間強でプイラルの取水施設へ

今季一番の晴遡行であまり強くなく体力不足の自分と久しぶりの泊り沢オギであるが静内側の沢は初めてなのでテンションは高くやや緊張気味に遡行、河原は渇水期でもそこそこ水量があり浸かるところもあるさすがしぶきの多い川、そしてブイラルの水は美味かった

1hほどでCo900付近短いゴルジュ滝で一個目は巨石のチムニーでザック挟まる、2個目はへつって水流を直登した、滝はポツポツ出て何となく処理、Co1020で見事な30m滝、右岸高巻きも下はグズグズでハーケン1本打って確保、上がり過ぎてしまい懸垂でルンゼ中間のテラスに降りて乗越す、1段目を低く巻けば懸垂無しでルンゼを上がり早く巻けたと思う自分の未熟さに反省ここでかなり時間を食ってしまった、30m滝はそのままゴルジュになっており全部で大滝合わせ6~7段?で5段目越してクライムダウンで沢へ降りる、沢床は赤く見事な景観だったCo1080で終わる

16時頃から寝床を探すが良さげなとこはご丁寧に新旧くま糞だらけでCo1100付近に張れそうな所を見つけ行動停止とした、整地はしたが凸凹で自分のテントは結構傾いて上からの落石も怖かったが熊の痕跡が唯一無く流木も豊富で水も取りやすいので良しとし焚き火と酒を堪能したがほぼオカンなのでおかげで体がずれ込み何度か夜中目が覚めた

翌日も迎えられているかの如くのサンセット晴れでゆっくり支度し5時半行動開始、両岸が狭まりV字のような景観はとても良い、道中の滝はややぬめりがあり微妙な滝も多く高巻きも足場悪くピリッとしていた、Co1400分岐は2股のトンネルになっており面白いダッシュで通過し左に入る、右の地形図も面白そうだが…Co1400越えた辺りの滝は微妙なもの多く予想よりも処理に時間が掛かるCo1460分岐は右へ水はCo1600付近で涸れる、Co1610辺りの源頭は【北トッタカール】のような【札内岳源頭】のようなこじんまりとしているがとても良い景観でキンバイソウも咲いており癒された、Co1750から地獄のようなハイマツ漕ぎで山谷で30分位とあったが普通に1hかかってかなり消耗した、Co1840でやっと夏道へ

幌尻岳を詰めて北カール経由で行こうと思ったが北カール源頭入口に3人家族の親子くま普通にいて水浴びしておりさすがに北カールを降りるのをやめ夏道に変更せざるを得なかった、幌尻ピークからは眺望は良い、道中花畑が満開で北カールの景色と合わせて本当に良かった、夏道下山は暑さと疲れで朦朧としきつかったがいつも辛い時には【天人峡の下り】よりマシという気持ちで乗り切る、小屋に寄って小休止後額平川を越え本日の山行終了、アプローチが悪いが忘れられた沢にするにはいささか惜しい

山谷タイムは7~9時間でプイラルを抜けるとあるが今回は9時間半、滝の処理と体力不足の疲れから時間が掛かるそして下山後は満身創痍でへろへろだった、沢乗越・大滝やゴルジュ・やぶ漕ぎ・微妙にいやらしい滝多数とテン場探し等結構大変な沢ではあり要所で荒れてはいるがそれを上回る魅力を感じる茗渓だと思った、親友と夢の幌尻岳沢登りが出来て感無量である、いつか新冠川本流も行こうその時に北カールを降りてみようか…

-沢登り, 中日高の沢

© 2021 日高の懐へ