とあるハイカーの北海道登山記録

札内岳西面直登沢(山スキー沢)~中間コルの沢 令和元年7月21日/22日

 

Hidaka Resorts札内雲海テラス

台風のおかげで何年もすかされた憧れの山スキー沢、今年の沢始めクニの体力はヤバくなっていて997キャンプになりそうだったがやり切った、経験って大事だな

ナメ・雲海・ブロッケン・焚き火・釣り・ヤバい下降ありでクマ以外の要素はほとんど詰め込んだ、いわゆる”幕の内弁当”的遡行だった

札内岳

【標高】1895m
【アイヌ】オ・サツ・ナイ
川尻・涸れている・川
【ひとくち】旧 サツナイノホリ
札内川は水が増す毎に川の流れを変え、水が減ると一帯が河原となる
【百名山】北海道百名山
【三角点】三等「札内岳」
【ルート】札内岳西面直登沢
(山スキー沢)~
中間コルの沢
【距離】38.4km
【登り】
【下り】
-
-
【小屋】トッタベツヒュッテ
【テン場】ピーク2張
ピーク直下1張
キネンベツ側ザレ2張
【林道】戸蔦別川橋手前まで
車乗入可
崩落3カ所
エサオマン戸蔦別林道
崩壊中
【メモ1】チャリは昭和の沢林道まで
水量多め、増水は怖い
エサオマン戸蔦別林道を繋ぐと速い
【メモ2】997二股より手前の方が魚濃い
最終水場は1730位だが1600位が安定か
札内~エサオマン稜線あまり良くない4h以上かかる
札内~中間コルまで2h
【メモ3】下降難度は
中間コルの尾根<ピリカペタヌ<山スキー下降<中間コルの沢
997二股空荷往復は時間的に△
【メモ4】中間コルの沢について
1450辺り~本流合流までが厳しい
両岸も高くなるので重荷なら懸垂5~6回、空荷なら2回位、ハーケンいる
巻きはかなり消耗する
苔で滑る、滑も有、草付きもいやらしい
山スキー下降の方が楽だと思うので安全に行くならピリカペタヌ沢
ここは下降向きの沢ではない

7/21 6:15 車止め~11:30 997二股~19:00札内岳 幕

7/22 6:30 札内岳~9:10 1690中間コル沢~13:00/13:30山スキー沢出合 ~19:20車止め クニと

*今回はかなりゆっくり山行なので時間はかなり短縮できると思う

 

山スキー沢のナメ

ガスの稜線

ガスが徐々に晴れる雲海動画デジカメ

スマホ撮影

癒しのリッスン

朝の日高

 

担ぎあげるなら林道は2時間川原は3時間で997、997から札内までは6時間を見る、札内からエサオマンピークまでは踏み跡程度というが結構ひどいので5時間はみた方がいいと思う

エサオマン林道は歩きやすいが新しいクマのくそだらけ、戸蔦別川は水量がそこそこあるので雨が続いたら更に時間かかりそう、山スキー沢難しい滝は無くナメもフリクションが効く、問題はどこを下降するかで計画が変わるのでは?今回使った中間コルの沢は下降にお薦めしないが、登っても楽しい沢なのではと思う山スキーの要素あり滝も直登は面白いかも

気象条件が重なり日没前後だったからこの景観になったという野暮は無しで素直に我らを祝福してくれた日高と最後まであきらめなかったクニに感謝しかない、また来たいといつも思わせてくれるのが日高の魅力だと思ってる、こんな凄い景色は死ぬまでに再び見れる機会はあるのだろうか?

仲間と行く沢は本当に楽しい、今回は初めてタバコ3人衆のコラボと思ったが実現しなかった…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。