道央 ハイク

札幌岳 冷水沢コース 令和3年4月25日

Uの初登山

冷水沢コース

なだらかで変化に乏しい

ポイント・核心

・難所は無い、小屋からは尾根に上がるとやぶいので雪があれば沢を詰めた方が楽だと思う

札幌岳

【標高】 1293m
【三角点】 1等 札幌岳
【アイヌ】 サリ・ポロ・ペッ/ヨシ原・広大な・川

⇒サッ・ポロ・ペツ/乾く・大きい・川

【百名山】 北海道百名山
【ルート】 冷水沢
【タイム】 登山口~札幌岳/5h (;´Д`)
【小屋】 冷水小屋
【距離】 14㌔

 

P7:40~ ピーク12:00/12:20~ P15:20 Uと

<Slide Photo>

Uにとってはまともな初めての登山となる、やる気はあっても装備と体力はない雨具靴以外はほぼ貸出である早く装備が整うことを願っている

天気が微妙で3時間ほどの手頃なコースを探すとここになる、実際は5時間かかったが完登出来たのでよく頑張ったと思う、道中川に滑り落ちそうになるというアクシデントもあったのでまさかと思うところでも初心者の行動は想像を超える、そんなファイト一発状態に自分は笑っていたが本人はあまり笑えなかったそうだ

登山道はまだ露出していないがピンテが多く迷うこともない、気温が低いせいか雪は固かった温度があがれば緩んで埋まりそうまたしてもシューとワカンはお荷物となった、小屋から尾根を上がらずそのまま沢を詰めていきたかったが傾斜がきついとの事で軽く却下されたものの夏道沿いは標高があがるにつれてやぶが濃くなるので結局トラバース気味に傾斜の緩そうな沢を詰めた、安全にアイゼンを装着させるが下りもアイゼンが無しで問題無いと思う、アイゼンに泥を付けると錆が早いから

ピークは風無く穏やかだったが眺望も有り羊蹄もうっすら見えた、20分ほどで荒れだしてきたので早々に退却、下山はかなりの雪が降ってきたが風があまり無いので寒くは無かった、天候が回復したころに折角なので山小屋付近でコーヒーとソーセージを焼いた、Uはこの旨さに少し感動していた、自分が人に教えられることは山のソーセージ焼きの旨さだけかもしれない、まぁまた手頃な山に行こうか

-道央, ハイク

© 2021 日高の懐へ