道央の沢 沢登り 札的沢

札的沢3ノ沢左股 ~ 札的沢1ノ沢左股 令和2年6月13日

 

さようならハーネス…

札的沢3ノ沢左股

・分岐まで【札的沢本流】参照

ポイント・核心

・Co480滝直登は激しいシャワーで水中ゴーグルいる、ぬめりがあり難かしく残置支点無し、普通は巻く

・Co600前位にある滝は手がかりが無い連続の滝、2つとも左岸巻いた沢床には懸垂、Co630滝も手掛かり無し、攻めるなら微妙な登攀か滝左からハンマースローで滝左寄り上がれるかも、右岸巻きもグズグズ、沢床に懸垂、それ以降は詰めるだけ

札的沢1ノ沢左股

懸垂2回Co465とCo655、本流合流まで砂防が15個前後ある

ポイント・核心

・難所は無い下降向き

861m

【アイヌ】 サッテク・ナイ/やせている・川
【ルート】 札的沢3ノ沢左股~札的沢一ノ沢
【タイム】 P~861m/6h
【林道】 良好、Pはゲート手前の土場
【距離】 12㌔
【亡装備】 Mammut/ハーネス ギアラックちぎれる


P土場8:30~ 861m14:00/14:30~ P土場16:40 Drと 

<Slide Photo>

Drの確保者講座1永久保存版にしますわ

Drの確保者講座2

Drの確保者講座3

最後がきわどい480滝

札幌から近いという事でまた札的に、盛夏の様な気温と青空に今日は【飛生川】でも良かったのではと2人とも浮かれてた、砂防は2回目で慣れたか大声で数えながら気持ち良く通過、380の滝リードお願いしますと圧をかけられ緊張しすぎてCo360位で腹下る、リードは大変だいつもDrにやらせていささか申し訳ない気持ちが大きくなった

Co480滝直登で激しいシャワークライムとぬめりでセカンドながら墜落し消耗しきった、ここは難しい遊ぶにしてはパンチが効きいている、登った後分岐で小休止

3ノ沢はCo600前後の滝が核心部か?直登は厳しく泥の高巻きで滑り落ちてギアラックがちぎれた、2回目だし7年目ならもう寿命だろう7年間夢をありがとう、3ノ沢は【本流】に比べれば荒れ方がひどくブユ大量発生とひどいぬめりで【芦別の沢】みたいで快適ではない、遡行時間かかり14時稜線なので3ノ沢右下降をあきらめた、また来たらいいさ、帰りは1ノ沢から砂防ダム15+5を大声で数えてゲームセットおつかれさま~

-道央の沢, 沢登り, 札的沢

© 2021 日高の懐へ