道央 ハイク

樽前山 シシャモナイコース 令和4年5月25日

クレームです!

シシャモナイコース

・苔の洞門シシャモナイコースは廃道扱いか?一応シシャモナイ沢とはルートが全然違う

・作業道を越えシシャモナイコースに合流、難所無くイメージは【楓沢】の回廊が終わった後の道

・苔の洞門側には行ってないのでわからない、作業道合流点に水量計測か侵入防止ワイヤーか?

樽前山

【標高】 1022m(東)
【三角点】 1等 樽前岳(1022東) 3等樽前山(933西)
【百名山】 北海道百名山

日本二百名山

花の百名山

【アイヌ】 ヲタルマイ

ヲタ・ルー・マイ/砂・解ける・在る 「上原地名考」

タオロ・マ・イ/川岸・ある・もの 「永田地名解」

タラ・オマ・イ/背負い縄・ある・処 「北海道の地名」

オタ・オル・オ・マイ/砂浜の所にある川 オが落ちてタルマイになった「北海道の地名」

オフイ・ヌプリ/燃える・山 「増補千歳市史」

【一口】 支笏南東壁に生じた火山で、山頂部に南北1.2㌔、東西1.5㌔の外輪山があり、その中央に明治42年に生成された溶岩ドームがある。このドームは「樽前山溶岩円頂丘」として北海道指定文化財に指定された。道央自動車道樽前ICからの眺めが素晴らしい【山の履歴簿1

【支笏火山の活動履歴】

・1667 大噴火 山麓に軽石流失森林焼失、住居埋没死者多数、降下軽石苫小牧地方で約2m

・1739 大噴火 降下軽石現千歳空港付近で約1m 山頂部に1.2×1.5㎞の外輪山(小型カルデラ)形成

※樽前山は富士形 -1799渋江長伯 富士形に描かれ溶岩ドームが無い

・1874 噴火 中央火口丘に直径180mの火口が生じた

※1874 絵師 船越長善のスケッチには2すじの噴煙が立ちのぼる樽前山

・1909(明治42年)4月 噴火 溶岩ドーム生成

※志賀重昴1894【日本風景論】の樽前山の挿絵は富士形、1894出版以降の大規模な火山活動は1909の噴火があり、溶岩ドームが生成されたと記録されている、この噴火で山の高さも約180m高くなった

以後 小噴火多数1981年のごく小規模な噴火が最後となる

<山頂への登山自粛>

立ち入り禁止→立ち入り危険区域

【一口2】 ・硫黄山(垂前山) 「野作東部日記」

・樽前岳 アイヌ原名 ヲフイノホリ 燃える山

・アノロタルマイ岳 海の方のタルマイ岳

・ユウフツノホリ

ユウ・ブツ/温泉・水口 「上原地名考」

イ・プッ/それの・口 訛って<勇払> 「北海道駅名の起源」

【小屋】 樽前ヒュッテ

1959(昭和34年)建設
2009~(平成21年)
定員10名通年利用可(緊急避難時) 苫小牧市経済部商業観光課

※現在のヒュッテが建設前に<樽前小屋>があった、何時・誰が・何の目的で建てたかは不明

【小屋2】 樽前山避難小屋 - 外輪山頂上北東方100m下がった場所にあった

1961(昭和36年)建設
1992(平成4年)解体

・小噴火の避難のため
・昭和36年の支笏湖畔開催の国立公園大会に出席される皇太子・妃殿下の休憩所

長らく展望台として利用、臭気酷く窓ガラス1枚も無くスチールの窓枠すら無くなる始末、土台の風化著しく1992年解体

【ルート】 シシャモナイコース~樽前山ヒュッテコース
【怪我】 苔で滑って左肘創傷(;´Д`)


P11:10~鍵忘れ引き返し P11:40~ ピーク14:10~ 樽前5合ゲート 15:10 フクと

<Slide Photo>

 

 

天気良いので夜勤の非番でフクとシシャモナイ沢予定もトラブル有遅刻・ぎりぎりの時間で登山開始も注意喚起したのに車の鍵忘れで引き返しでやる気が完全に無くなったが折角なのでシシャモナイコースのハイキングに変更、寝不足もありかなりキツかったが友達だから我慢した(笑)
沢靴忘れ(Dr)や寝坊すっぽかし(クニ)肝心な時に行けない(オギ)も経験済で色んな事に慣れてハートの耐久力は高くなったと思う、たまに自分も人の事を言えないが…

林道から多峰古峰の分岐を作業道の左に取りしばらく歩くとシシャモナイコースに合流する、苔の洞門は立ち入り禁止をおしてまで入る気は無い、【楓沢】も最近は意味のないケルンやピンテやらの人工物で汚され魅力が無い、大雪の沢のゴルジュを見てしまうとこういうのはもういいかなとも思ってしまう

シシャモナイコースは開けており時折荒れてるが快適でくま痕も無く気軽なハイキングだと思う、楓沢の回廊が終わった後の道そのものだと思う、直下から見える溶岩ドームの美しさがこのコースで一番心に残った

登山道に出てとりあえず東山のピークを踏んでさっさと下山、樽前山ヒュッテコースは7合まで行けず5合に配車したのでやたらと長く感じた、シシャモナイルートの直下斜面だけは滑りやすそうないい斜面だなと思っていたら山谷に西面ルートという記載があった、もう2度と行くことは無いが廃道になった登山道を巡るのは面白いし静かでよい

体力も無いし山にそんなに向き合わないフクが今日はやたらと謝っていたがそこまで根に持たないし自分はすぐ忘れるタイプなので気にしなくてもいいが、せめて山の時くらいは仕事を忘れて電話するのはやめてほしいものだ、いくら友達でもそんな君とはロープは繋げないかも、やっぱ少し反省して!(笑)

-道央, ハイク