山あれこれ

沢のメモ

格言

1つの遡行でミスが重なると高確で事故る、そんな時は遡行を中止しても良い

※我流の技なのでしっかりとした山岳会・サイトで学んで下さい!責任は持ちません!

ハンマースロー

ハンマー投げ

規格外5mm×12m、ゴルジュ泳ぎからの取り付き、小滝の振り子やゴボウ用途は多々有り

 

<バイルとの連結>

  • ロープは袋に収納ハーネスに掛ける、とにかく早い出し入れ
  • 目測であらかじめ結び目を作り投げあぶみと連結させる
  • ロープ径に比例して投擲距離が変わる、ゴボウやるなら規格6mmがギリかも

気をつけること

  • 規格外の5mmは不安、振り子はOkゴボウは怪しい
  • 回収する事が前提で投げること
  • 傾斜のある狭い場所での投げは掛からないと戻ってくるハンマーが凶器と化する

 

泳ぎ

ライフジャケット

薄手になるほど浮力は落ち面積が大きいほど水流の影響を受けやすい、ザックの浮力があるので薄手で良い

 

 

<カナヅチのメモ>

  • 泳ぐときはザックの腰ベルトを必ず外す、自分は胸も外す
  • ザックの浮力でメットが浮き視界不良になりやすい、流されても良いところはメット外した方が泳ぎやすい
  • 水流が強いとこは壁を掴んだりバイルを引っ掛け進む/側壁を蹴りながら斜めに泳ぐ/水中の足場を見つけると楽
  • 慣れると気にしなくなりがちだが滝壷周辺の引き込みに注意、怪しいと思ったら木や笹を流してみたりロープ確保する、ライジャケ装着でも溺れる場合有

 

ネオプレン

泳ぎでは無敵の強さ 水の冷たさには強いが通気性が無く動き辛い

 

<ネオプレンについて>

  • フラッドラッシュでも限界がある、浸かり/泳ぎの頻度が多いならネオプレン
  • ネオプレンは直に着るよりスキンメッシュやラピッドラッシュの上に羽織る方が感覚的には寒くない
  • 通気性無く乾きにくい
  • 暑い日にネオプレンで登るとすぐにバテる
  • 水を含んだネオプレンは重く嵩張り乾きにくい、確実にザックの肥やしになる
  • パドリングジョンのような一体型は好みの分かれる所

 

飛び込み・不意のドボン

飛び込み・ドボン

  • コンタクトレンズ推奨、メガネは必ず外す最悪スポーツバンド装着
  • 滝壷直接は引き込みを注意して慎重に
  • ザックの腰ベルトを外しておく、微妙なへつりもドボンを想定し外す癖をつける

 

シャワークライミング

 

 

<シャワー>

  • コンタクト推奨メガネは視界不良、ひどいシャワーは水中ゴーグル必須
  • 雨具は事前に着用
  • 雪解け水はとてつもなく冷たい、雪渓が残りやすいルートは注意
  • 防寒対策してないなら無理にやらない方がいい、立ち往生すると終わる
  • 登攀中シャワーで全く見えなくても進めば視界が開ける事が多々
  • 水圧を考慮し確実な保持で登攀

 

沢靴/沢足袋

<沢足袋>

  • 1足7,000円位、キャラバンフェルト(グレー)は長持ち
  • 沢靴に比べ慣れると微妙な力加減で登攀しやすい
  • 沢靴に比べ慣れないと重荷を背負うと足が疲れる
  • 沢足袋ソックスはいらないと思う【ゆる沢装備

 

 

<沢靴>

  • 1足15,000円からゴムは20,000円位から、モンベルフェルト(黒)は3~4回でダメになるくそみたいな粗悪品、ソール交換は4000円程
  • 底厚なので歩きやすく、足の疲れ方が足袋に比べ少ない
  • ゴム/フェルトの選択が可能
  • 沢ソックスが必要【ゆる沢装備

 

バイル

<MIZO ロカ>

  • チコではハーケン打ち力不足かもしれない
  • 行動時は取り出し易い腰掛は落下・滑落・転倒時にケガしやすい
  • 収納はホルスターケースをハーネスに付けて脱落防止のバンド付け腰掛け、使用が無い時はザックに収納
  • ミゾー【ミニバイル】は使いやすいがやや長め、腰に掛けると下降時にモモに当たり登攀時やクライムダウンで引っかかる、背中に入れたり収納を考えるべき

 

 

支点

<ハーケン>

  • L字が一番汎用性が高い、クロモリがダメでも柔らかい軟鉄が刺さる時がある
  • 楔、ショートハーケン、軟鉄等場所によって使い分け、L字に限定しない方がいい
  • 顎を効かせる方向を間違えないようにする
  • 懸垂下降に使う支点は2点打ち、パーティーで6枚持っていると安心
  • ハーケン抜きの細引きは必須、規格外の細引き3mmに小さいカラビナでも良い
  • カムとの併用が効率がいいかも
  • ボロい壁で刺さりが緩い時は同じ場所に2本打ち、奥まで刺さらない時はショートハーケン

 

高巻き

 

<高巻き>

  • 高巻きの方が事故率は高い、微妙な巻き以外掴める所を目指し巻く、高く上がらず小さく巻くは基本
  • 微妙な巻きは率先して確保、支点作れるなら高巻き失敗時は突っ込まずラッペルし巻き直しも考慮、突っ込み過ぎて行き詰まりやすい
  • 昇栄ピンソール-岩系ではないグズグズの泥付きには有効も引っ掛けには注意する、軽アイゼンの使用も有りなのではと思う【昇栄ピンソール/ゆる沢装備

 

ラッペル

 

懸垂下降

  • ロープ繋げる際は8の字でも可、回収側の色を必ず確認、セカンド下降前にロープ回収が可能か確認を必ず行う
  • ヤブの下降はスリングで片側づつ束ねて下降する、バケツ/レジ袋は絡む
  • 疲れているとセッティングがかなり雑になる時がある、失敗すると一撃で逝くので遡行者同士声の掛け合いが大事
  • 予めの笛によるコールサインを決める事、1回-動作終了 2回-実行 3回-ピンチ

 

釣り

素人釣り

  • 振出の180位以上は収納が不便で遡行中折れやすい、道糸1号2m-ハリス0.8号-7号ヤマメ針だがバラしやすいので針と糸のサイズをもう少し大きくしても良い【山の恵み/釣り
  • 予備の仕掛けは事前にセットしたものを2つ持つ、竿折れても木の枝で釣れる
  • ブドウ虫は楽だが岩を返せば川虫いる
  • 魚止めになる滝を意識して遡行する癖をつけると次に来たときの幕営地の参考になる、意外と魚のポイントは情報が無い
  • 水量が多い川は瀞/淵・釜、少ない川は流れ込み・落ち込み・草の被った影になる淵辺りを探れば大体いる、上流域は基本スレてない
  • 釣った魚の処理はその場で、幕の近くではやらない
  • 保護水面(全面)-暑寒別川・信砂川・余別川・須築川・千走川・大平川・日高幌別川※他にもあるが沢登りの対象になりそうなとこ

 

熊除け

 

<熊除け>

  • 遭遇率は登山道とは比較にならない
  • 沢でも付けた方がいい
  • 見通しの悪いところはホイッスルとの併用
  • 轟音玉【ゆる沢装備】も保険で持ってもいいのでは?

 

 

リード・セカンド確保

確保/講師 Dr

高い位置にATC、ロープ出しが困難になる事に留意、インクノットで安環にビレーも可

 

セカンド確保

セカンドビレーダブル Dr

安環でハーネスに接続しない、8の字

 

ユマーリング

-山あれこれ