とあるハイカーの北海道登山記録


ロープは8mm*40m・リードはダブル・ヌンチャクは3本

※赤は現役引退

日帰りザック GREGORY/スタウト45R2.10底部に擦れ・穴

沢用も検討したがとりあえずこれが動きやすいし丈夫でお気に入りハイク兼用底部に小さい穴、ポケット破れてカット済(THE滑落)、クサいけどまだ現役7年経過

通称・赤ザック

 

 

 

日帰りザック2 Mont-Bell/サワークライムパック30

思ったほど使っていない、泳ぎの沢で使うと思うもあまり愛着が湧かない

 

 

 

 

 

日帰りザック3 アライテント/クロワール・スパイダロン35

赤ザックの後継、余計なものが無く生地がかなり丈夫でお気に入り

 

 

 

 

 

泊まりザック 秀山荘クライムゾーン/ウォータークライム3

アライのマカルーに近いが水抜き穴等工夫が凝らされている、もはや好みもあるが値段がやや高い、クライム3は80ℓ、2は60なので少し足りない

 

 

 

 

 

ヘルメット PETZL/メテオ


流星・隕石というネーミングは不吉、マグネットバックルは脱着が楽だけど不意に外れないか?バックル最近錆びた

 

 

 

 

インナー FINE TRACK/上・アクティブスキン


沢では必需品のファイントラック、もうこれ無しでは濡れたくない、上の2枚履きは裏技か

 

 

 

 

FINE TRACK/下・フラッドラッシュタイツ


新型は膝あて付き、使い込むと水を吸いやすく乾きにくくなるものの支障は無い、そこらのタイツに比べ破れに強いタフネス

 

 

 

 

 

インナー2 FINE TRACK/上・フラッドラッシュ 下・カミノハーフパンツ


フラッドラッシュは保温、耐久性、速乾性すべてにおいて優秀、沢行くなら絶対におススメ、撥水は早い段階で落ちるが頻度を考えれば仕方無し、破れに異常に強い

下のパンツはもう少し丈の有るものを探した方が良い

フラッドラッシュ黒→オギ オレンジ→クニ 青→オレと今のとこ被ってない

 

 

インナー2 FINE TRACK/上・ドラウトタフ

暑い時・近場・浸からない沢用、こーいうのはジップ付きの方が温度調整が出来ていいと思うそれに思ったほど乾くのが遅い

 

 

 

 

 

雨具 FINE TRACK/上・エバ―ブレスバリオジャケット


動きやすくてタフネス!高い!

 

 

 

 

 

雨具 FINE TRACK/下・エバ―ブレスバリオパンツ

若干厚めで動きやすくてタフネス!高い!

 

 

 

 

 

泳ぎ沢用インナー2 Mont-Bell ネオプレン パドリングフルジップ ロングスリーブ 

弱点は登るには暑すぎて荷物になる事、泳ぎ系は最強、8000円位

 

 

 

 

 

 

泳ぎ沢用インナー2 Mont-Bell ライトネオプレン タイツ


さすがにフラッドラッシュより強い、スキンメッシュウォームと併せて、やっぱり登りでは暑すぎる

 

 

 

 

 

渓流靴靴下 CARAVAN/渓流ネオプレンソックス


やっぱり必要

 

 

 

 

 

渓流タビ先割れソックス(ネオプレン) メーカー不明


4,000円もする、キャラバンの沢タビには必要のない事に気付いた!

 

 

 

 

ダウン上 FINE TRACK/ポリゴン2UL


ハイク兼用お守りダウン、泊りの時によく使う

 

 

 

 

ダウンパンツ NANGA 型不明


泊りの時に使うダウンパンツ、快適極まりない贅沢品、寒がりなので夏の泊りはダウン上下とシュラフカバーで就寝

 

 

 

 

沢靴ゴム 池袋秀山荘/Climb Zone(旧忍者?)!の沢か夏山の延長用


1号 歩きやすいしドロ捲道・下りにはとても強い、今や値上がり一足2万!!ボロボロだが縫製修理も可能だそうだ

つま先側ゴムがツルツルになり秀で改良依頼、前フェルトでハイブリッド、3800円でソール交換可、しかしながらもう下ゴムもつるつるに…
改造その他1

 

 

 

 

沢靴フェルト MONT-BELL/サワートレッカー


2号 3~4回でソールがツルツル、どういうことだ!?フェルトはキャラバン灰色フェルトに交換した方がいいと思う

 

 

 

 

渓流タビ Caravan

3号 慣れないと足裏イタイし岩の打撃が怖い
フェルト減りにくい(というより最近のモンベルが扱うフェルトがヤバすぎ)、6000円位で買える等慣れると最高かも、微妙なフリクションもかけやすい

ソール交換も可能だそうだが…秀にある安価なタビはさすがにやめた

 

 

 

沢靴ゴム? ファイブテン/アクセスメッシュ ステルスS1ソール後輩に進呈!

2019/8~もはや在庫は少ないが沢靴転用可能、S1ソールはヌルヌルの苔沢にはやめた方がいいが苔もそこそこいけて!*程度の沢なら充分すぎる
5,000円ならお買得も5.10は自分の足には全くもって合わない、爪が死ぬほどつま先が痛くなる

 

 

 

 

下山靴トレランシューズ Altra/kingMT

秀の特売1万なら安いと思う、フェルトでも降りれるし荷物になるが最近はフェルト保護を少しだけ考えるようにした

 

 

 

 

 

手袋 BLACK DIAMOND/クラックグローブ~ほぼ使ってない


2000円でこの耐久力と使い心地はテムレス並みの費用対効果、悪いとこが無い、破れてきたら指先切ってフィンガーレスに、登攀のグリップはあまり良くない

最近はDCMブレスグリップを使う500円で安い

 

 

 

ライフジャケット Mont-Bell/フリーダム

ポケット無しシンプル、通称・鎧

 

 

 

 

 

ハーネス MAMMUT


特売で買った2代目、パッドが水吸うからもっといいのは有ると思う、バイルセットのためバイルケース(1000円)取付、カラビナをホルスター代わりにしてもいいがケースは塩梅が良い

 

 

 

 

熊スプレー カウンターアソールトストロンガー/携帯ホルスター


岩にぶつけすぎて缶はベコベコ、ラベルは剥がれ消火器みたい、本当に出るのか?2020現在使用期限切れ中

 

 

 

 

バイル MIZO/ミニバイル~Dr専用であまり使ってない


少し大きすぎるかもぶら下げると下りで太ももに刺さる、リイシューコード(いらないかも)とゴムコードは別売り

 

 

 

 

バイル MIZO/ロカ-メイン使用


落として2本目、コンパクトで使いやすいがハーケン打ちが若干疲れる、
チコはおそらく軽すぎてハーケン打ちが大変なのでは

石突きに細引き掛けておけばビナをつけて飛び道具に進化、困ったらとりあえずハンマースロー

 

 

 

 

スリング

束ねてもいいし捻じってビナ掛けしてもそこは好みの問題、普段は邪魔で使う時はすぐになくなる

細いスリングは色々な用途に、太いのは捨てスリング

 

 

 

 

ハーケン モチヅキクロモリ他


短2長2軟鉄1、
色んなサイズがあるといざという時に困らない、軟鉄も有るといいかもクロモリの回収は意外と面倒、細引きをつけてコードを掛ければ回収時に落とすことが無い、こういうコードってなかなか売ってない

 

 

 

 

ナイフ PETZL/スパサ

最近は山菜と魚をさばくためのものになりつつある

 

 

 

 

 

カム BLACK DIAMOND/CAMAROT ULTRALIGHT

Drからの餞別 1 .4 .75 の3本、ガチな方が使ってるやつですね

 

 

 

 

 

BLACK DIAMOND/ATCガイド

ビレーを考えるとこの型で充分か

 

 

 

 

 

お助け紐 池袋秀山荘Climb Zone 9.2m-トヨニの右で滝つぼに落下(笑)

使いやすく軽いが9000円は高すぎる、ラックに掛けるなら束ねる薄いマジックテープを付けた方が嵩張らない結びではそのうちほどける、便利と思いつつまた買う事はあるのかは不明

 

 

 

 

 

あぶみ roc’teryxクワトロラダー


自作もできたがとりあえず買った、プレートを下にもつけたいが思考中、
ハンマースローを多用するようになると俄然出番が増えるだろう、実はプレートが無い方が携行が便利な分多様できる

 

 

 

 

 

Petzl シャント 登高器


ほぼ使用しないがこれから使う機会があるのか?工夫次第で登高器とか使用の幅は拡がると思う

 

 

 

 

プーリー/Petzl パートナー


荷揚げ用、100㌔までなら最悪人間ウィンチ使用にも

 

 

 

 

 

Petzl タイブロック

小さくて軽いので便利、万年2番手だから使う事は多いかも、テンションかかればロープが痛むギザギザでロープの痛みを知る事になる落下防止の細引きやスリングのセッティングは必要

 

 

 

 

Petzl スカイフック大

ゴルジュ脱出用、スリングを掛け長めにしている、ただあまり持っていくことが無いかも

 

 

 

 

昇栄 ピンソールミニ


フェルト靴の裏技、サイズもコンパクト装着も早い、ノーマルタイプでもいいかも

 

 

 

 

 

Sea To Summit モスキートヘッドネット

油断するとタバコで穴あく、意外と沢では必須、ナノのやつの方が薄くて軽い

 

 

 

 

 

焚き付け ベスター

必須!

 

 

 

 

 

ツェルト Heritage/クロスオーバードーム1

沢の泊りと日帰りのツェルト代わりに携行、快適性はほぼ無いから結露と水漏れは有るのでカミナドームが恋しくなる

 

 

 

 

熊鈴 BRASS1/熊鈴ガーディアン CHAMSカラビナ


おやじの遭遇率の低さを考えると沢でも付けた方がいいと思う

 

 

 

 

 

防水バック Majic Mountain/コンプレスドライバッグ5ℓ

簡単に空気抜け出来てかなり便利だと思う、生地もタフで悪くないぞマジックマウンテン、単体使用では不安でイスカと2重使い今のとこ浸水無し

 

 

 

 

 

防水バッグ ISUKA/ウェザーテックインナーバッグ45・ウェザーテックスタッフバッグ10

泳ぐと内側がほんのり濡れているのでこれ1枚では防水にならない、生地が厚めだが意外と破れる必ず2重使用、ゴミ袋が安くていいかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。