とあるハイカーの北海道登山記録

深沢川 ~360分岐まで 令和2年6月1日

 

膝痛えから深キャン!

前の山行で右ひざ打撲で腫れて歩行に支障有、とりあえず釣り竿持って深沢川行けるとこまでの深沢川日帰りキャンプ予定だったが結局320滝以外全部中央突破、でも楽しかった、魚も釣って火を焚いた、心残りは最後まで詰めなかった事だがゴルジュの飛び込みや大滝の懸垂も有りピストンも悪くないかも

深沢川

【ルート】深沢川~360分岐まで
【距離】GPS33㌔とあるが調子悪いのか?そんなにない
【登り】
林道0.5h 190位入渓
360まで3.5h
【林道】工事車両が往来、入口にPは言語道断、歩きやすくクマの痕跡も少ない
【メモ】魚は残置ロープのある滝上からゴルジュまで、笹ヤブからの投入が良い、魚は濃いと思う、釜より川
【メモ2】ゴルジュ、滝に巻き道がある、使えば楽しくないが難しくない
【新装備】Mont-Bellライフジャケット
フリーダム
【亡装備】釣り竿-ボッキン

ここのゴルジュは楽しい行程もコンパクト、来年も行きたくなった沢だが暖かい日でないと厳しい

森野橋P7:00 ~360分岐11:00 ~釣り&焚き火 ~森野橋P16:50 Drと

味のある人工物に哀愁を感じた
190で川原、滝を1つ越してから入渓してしまった180に古いピンテ有
少し歩くとナメ滝、面倒なポンベツ川やっているから展開が早くていい
ここ位から確か下のゴルジュに入る、割と短いが巻かないと面白い
足はつく
そういえばこの前後くらいのへつりで右膝痛でイマイチ右足に力入らず釜にドボンした、おかげで目が覚めた
へつり練
左岸にロープが張ってあった、無論そんなものは使わなくても良いへつり練、魚はこの滝の上から
滝の後はしばらく川原、レガシー発見
ゴルジュに突入
 
 
泳げない自分はライフジャケット装着でお供します、下は最後だけ足がつかない
楽しいけど冷たい
無論彼には左の明瞭な巻き道が目に入らないようだ
ここも彼には左の明瞭な巻き道が目に入らない、自分は途中まで泳いだ
発寒川を思い出した!
ステミングは簡単、今日は白老最高気温15度だがもっと暖かい、だが水に浸かるとやっぱり冷たい
確かに突破は楽しい、自分は上がるのが若干手間取った、水流突破の方が楽か?
途中でタバコケース落として自分は2回泳いだ、2回はちょっときつかったが水流が弱いので突破はしやすい
冷えると膝が少し痛くなった
短かったが面白い、この沢は来年また来よう
320滝、Dr左岸確保取って行けそうではと言いさすがに「エッ?」と今日は泣きを入れ巻き、今日は楽しい釣りキャンプですよ趣旨にズレが生じてる
360分岐で今日は引き返し、しかし結局は楽しいから詰めたい気持ちもあったものの膝が痛いからやめた
320は懸垂、残置スリング有40と30繋げて届いた、懸垂しながら自分の登りラインをを見たけど直登はなかなか難しそう特に中間右から左のトラバース
ゴルジュは基本飛び込み、メガネ落ちたら危ない気を付けよう
飛び込み
ゴルジュ~林道最終が魚いる、釜にはいない1時間ほど釣れないから試行錯誤、釣り人多いせいか警戒心が若干強い、自分はヤブからアタックで2匹釣って終了コツは掴めた、そもそも320滝で釣り竿折れた、先端のみで釣りはなかなか大変、Drと1匹づつ、下は多分ニジマス?それより上はウグイ?なのかわからん
笹ヤブからこっそり投げ作戦成功
自分は2匹釣って終了、とりあえずウグイでなければ良い、イワナなのかニジマスなのか良く分からん、この後Dr40センチ位のニジマスを釣る彼もコツを掴んだそうだ
ホリデイ満喫で楽しい
焼いて食った、そして暖かい焚き火、今日はやり切った
深沢川キャンプ略して”深キャン”終了!
右膝腫れはひいてきた、後は次まで休養今日はよく頑張ったと思う

今日は巻きなど言えぬ雰因気

冷たい

飛び込みヤローども

ワイルドライフ!

釣り竿雑に扱って折ってしまって一時テンションガタ落ちした、折れた部分で魚釣ったら持ち直した、帰りにフィッシュランドに駆け込み2代目充填

日帰りでも焚き火釣りの山行は悪くないと思ったが登りで釣るより下りでやった方が集中力を切らさずだるくならない、ライフジャケット暑いけど泳げない者にはとても心強い物だと思った、ちょくちょく着て慣れよう

近いといいつつ白老は下で2時間高速だと今は片道2000円以上かかる意外と遠いような気がする、近く暖かければ飛生川行こうかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。