趣味の北海道登山記録と闇

漁岳 令和2年2月6日

ここのピークからの支笏湖好きなんです夏も冬も、でも今日も白かった…

漁岳

  
【標高】1318m
【三角点】二等 三角点
漁岳
【アイヌ】イチャン
鮭の産卵する
【百名山】北海道百名山
【ルート】林道~尾根
【距離】14.5㌔
【登り】
【下り】
3時間30分
3時間(おしおき1H)
【林道】漁岳林道
【メモ】沢筋→林道末端の滑走は厳しい

大雪が降ったからここももう大丈夫だろうと漁へ

東屋P 8:30~ ピーク(直下も)12:00/12:20 ~東屋P 15:10(沢筋滑走お仕置きタイム1時間程) Drと

朝はすっきり、ションベンですっきり
林道トレース有り直近で大人数入ったか?
沢にもある親切な看板、あまりこういうのが多いと萎える
 
オコタンは結氷、この眺めを山頂から見たかったがまたハズレ、ここを越すともう雪雲とガスで見えなくなった
気温が低いわりに雪がやたらと重い
疎林が多く滑走にはいいかも
足が痛くなってきた頃、何とかならないのか右の内反小趾
直下はコルの下りから、ピークは荒れている
バーンが見えてよかったが自分には左面は無理だな
風が強くなってくる、埋まりからいきなりクラストする、直下は安全にクト―
ピーク最後の登り
直下はスキーでは厳しい面倒だからデポ、埋まりながら直登、多分右から捲き気味に行けばもっと楽に行ける
風強く眺望無し、長居は無用
うっすらと見える稜線
カメラには写らんか
デポ地へ
重い雪だが滑走が楽しめた、しかしバーンの滑走は思ったほど短くすぐに終わる
帰りにまた見えたエニー
雪が良いので沢筋滑って降りようと思ったが思いのほか難儀し50m程シートラ登り返しのお仕置き
一番緊張した小石爆弾のある国道の滑り
亀陣の鶏白湯醤油とチャーシュー丼、旨かったが中華そばの方が好きだ、名店である
テーピング忘れでキモい靴ずれ

ピークの眺望♡

いいとこで電池切れる、エニーを正面に滑走

 

ピーク直下の雪崩はそこまで気にするほどでもないと思う、トレースも結構入るだろう近くて気軽に来れるいい山である、ピークからの眺望率今のとこ2/6、なかなか当たらない

3月にDr故郷へ帰るとのこと、今年の沢はどうしよう…ショック!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。