趣味の北海道登山記録と闇

濃厚ブラック

James Brown

60~70初期が全盛期、全盛期のライブは神がかり、リーゼント時代もなかなかのファンクの王道ブラックラ~メン、ライブでよくやる「Please,~」のガウンのくだりは最高です
黒くって面白くてダイナミックで並外れててファンキーな男、スーパーブラザーのソウルを受け止めてやってくれ!でも暴力はやめてくれ!

Get on the Good Foot-Part/soul power/make it funky /Download Fileをclick、ソウルトレインDVD2巻収録

 

Hot Pants/Get Up (I Feel Like Being Like A) Sex Machine ソウルトレインDVD2巻にはHot Pants未収録

前口上あってのJBですね

 

Fred Wesley & The JB’s

愛してやまないJ.B.’s、ねちっこくて最高!名曲Damn Right I’m Somebodyの生演奏、トロンボーンをもっと写せ!サックス演奏がビートきよしに見えるのは錯覚だ、いや~マヂでJBS最高だな

Damn Right I’m Somebody DVD収録は無く海賊版に収録、BSの再放送だろう

 

Kool & The Gang

「Love & Understanding」収録、JTが入ってヌルくなる前の尖ってたギャング、「狂気の夏」というより夏の終わりをイメージする曲、毎年晩夏に見ると少しせつない
JTの頃より尖ってたギャングが好き、男性ホルモンの塊のようなニヤケた顔のJTが札幌に来ていたので見にいきましたヨ

Summer Madness /Download Fileをclick DVD収録は無く海賊版収録、BSの再放送だろう

DVDBOXには「Jungle boogie」収録もよそ行きの口パク

The O’Jays

邦題「裏切り者のテーマ」、Fred Wesleyの超絶カバ―曲がお気に入り
オージェイズのヒットはドンの異常なオージェイズ押しでも「Gamble & Huff」でもなくニューソウルの実力者なのだ、ワッゼイドゥ!

Back Stabbers  DVDBOX「Love Train」共に収録

 

The Isley Brothers

「3 + 3」収録、名盤と言われているが好みはありそう…Ernie Isleyのギターは特徴的、ジミヘンの影響なのかな?彼らも札幌に来て見にいった(ロナルドの収監前後?)、バックコーラスの2人組はJohnson Sistersだったのか今でも気になっている

マラカス振る姿はまさにマツケン

That Lady DVDBOXに「Summer Breeze」共に収録

 

Al Green

「Call Me」収録曲、Hiサウンドは素晴らしいの一言に尽きる、アツアツのグリッツ攻撃で火傷(アル)、交通事故で車いす(テディ)、父親に撃たれる(ゲイ)と黒いモテ男は苦悩が多い

You Ought To Be With Me DVDBOX収録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。