山あれこれ

登山の本

 

スイッチで切替 switch do it yourself!





登山ガイド

登山ガイド 良書-買って良かった

ガイド

新版北海道の山と谷1・2・3

沢岩雪快適である・難しくない→難しい、困難である→無理

ガイド

北海道の山と谷 上・下

新版が出てお役御免 夢をありがとう…が新しい山谷にないルートも有る

沢登りガイド

北海道沢登ガイド
岩村 和彦

4冊出てる沢をやるなら全巻マスト、難度は山谷!!まで

山百科事典

山の履歴簿 山と人の関わり1・2・3
渡辺 隆 

1巻は道央・道南、2巻は日高、3巻は大雪・道東

山の詳細なデータと歴史が書いており高いけどおすすめ 鉱山・鉄道・アイヌ・小屋など心をくすぐる内容が満開

ガイド

日本登山大系(普及版)北海道・東北の山 1
柏瀬 祐之 他

昔の人の目方の厳しさが存分に味わえる

ガイド&紀行文

日本百名谷 (1983 白山書房)

ネットでプレミア中 なのでPDFにて失礼します

紀行文が添えられている遡行記録は読んでて面白い

ガイド

ガイドブックにない北海道の山々
八谷 和彦

登山を楽しんでいる

ガイド

分県登山ガイド 北海道の山
伊藤 健次

これからハイキングを始める人向けの良書、伊藤健次さんの人柄がいいですお薦めします、新しい分県ガイドも宜しくお願いします

登山ガイド まあまあ-好みの個人差ありそう

夏ガイド

夏山ガイド 全6冊

古い改訂版にはいろいろと廃道が載っている、古い方が良い

良くも悪くも夏山ガイドは色々載っているが1冊が高いし数年で改訂する

冬ガイド

北海道雪山ガイド
北海道の山メーリングリスト編

スキーがメインだけどハイカーにも使える、簡単なスキーコース紹介

冬ガイド

北海道スノーハイキング
北海道の山メーリングリスト編

初心者の低山ハイク向けの本、野鳥やハイクを楽しむコースが載っている

夏ガイド

大雪山を歩く
伊藤 健次

分県ガイドで事足りるも高山植物・野鳥コラムもある、中古は1円ちょっと、情報がもう古すぎるかも

技術書

技術書 良書-買って良かった

沢技術書

沢登り
手嶋 亨、童人トマの風

基本的なことが色々、ヤマケイテクニカルブックより良書、北海道のルート紹介はクワ札内8ヌビナイ

ただし沢登りは本を読んでどうかではなく実践してナンボかも

岩技術書

教科書になかった登山術
山岸 尚将

安くて良書、普通に読んでて面白い

岩技術書

イラスト・クライミング
阿部 亮樹

ロープワーク・登攀具・ピッチ等沢登りは範囲外と書いてあるが全然そんなことは無いと思う

焚き火

完全焚火マニュアル Fielder特別編集

マニアックな一冊、変態すぎて笑える  【焚き火

装備指南

体験的山道具考
笹原 芳樹

装備から食いものまで山道具を網羅している一冊、一読してもいいと思う

技術書 まあまあ-好みの個人差ありそう

アルパイン

ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書

テクニカルブックは高くてどれもイマイチで内容も薄め、沢登りは中古相場も高い

装備指南

山道具 選び方、使い方
高橋 庄太郎

参考程度に

ボルダ―

インドアボルダリング練習帖

内容薄い、高い

ロープワーク

ちょっとロープワーク
羽根田 治

「イラストクライミング」が一冊あれば済む話

お花図鑑

日本の高山植物400
新井 和也

若干見づらく他に良書があると思う

低体温症

凍る体 低体温症の恐怖
船木 上総

自身の事故の経過と低体温症の本、低体温症の内容が少し専門過ぎて疲れる本

地図

最新読図術
村越 真

内容は良いがもっと取り付きやすい良書はあると思う

レスキュー

レスキュー・ハンドブック
藤原 尚雄 他

悪書!

雪崩

雪崩リスク軽減の手引き
出川 あずさ

内容の割に高い

雪崩

最新雪崩学入門

1995年版、基礎知識・弱層テスト・ビーコン捜索などあり良書、買うなら新しい方が良い

遭難・事故

遭難・事故 良書-買って良かった

遭難・事故

死者は還らず 山岳遭難の現実
丸山 直樹

絶版だが時代にそぐわない辛口な一冊

ヤマケイ遭難シリーズ

ドキュメント滑落遭難・気象遭難・単独行遭難・雪崩遭難
羽根田 治

面白い

ヤマケイ遭難シリーズ

ドキュメント 生還
羽根田治

帰ってきたヤマケイシリーズ

ヤマケイ遭難シリーズ

ドキュメント 山の突然死
柏 澄子

ヤマケイ突然シリーズ

ヤマケイ遭難シリーズ

ドキュメント 道迷い遭難
羽根田 治

ヤマケイ寄り道シリーズ

遭難・事故

トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか
羽根田 治 他

後年事故をネットで検証してた「甲武相山の旅」の人も奥秩父多重遭難(救助ヘリ墜落)事故で亡くなられた…

遭難・事故

凍れるいのち
川嶋 康男

古い事故だが学芸大函館分校の大雪山10人死亡事故、生還したリーダーを追う一冊

噴火

ドキュメント御嶽山大噴火
山と渓谷社編

マジでついてないね、可哀想

遭難事故

山靴を履いたお巡りさん・ピッケルを持ったお巡りさん・ザイルをかついだお巡りさん

お巡りさんシリーズ

遭難

山の遭難 生きた、還った
永田 秀樹

色々と勉強になる、中古で安く買おう

事故啓発

山で死んではいけない 遭難防止マニュアル

死んではいけないマップ(事故マップ)がメイン、雑誌

遭難・事故 まあまあ-好みの個人差ありそう

遭難・事故

山岳遭難の構図
青山 千彰

悪書!中身無し

遭難事故

十大事故から読み解く 山岳遭難の傷痕
羽根田 治

遭難モノ一通り読んでいると目新しさは全くない

事故啓発

今そこにある山の危険
岩崎 元郎

百名谷は良かったが…

雑学コラム?

続・山で死なないために
武田 文明

タイトルとは裏腹にごった煮のコラム集

ヒグマ

ヒグマ関連 良書-買って良かった

ひぐま

熊の事は、熊に訊け。
岩井 基樹

屁レロの「ベア・アタックス」より読みやすく独特の視点・言い回しでヒグマ愛を感じる

ひぐま

ヒグマそこが知りたい
木村 盛武

クマ著書の中ではお気に入り

ひぐま

ヒグマ大全
門崎 允昭

良書

ヒグマ関連 まあまあ-好みの個人差ありそう

ひぐま

人を襲うクマ
羽根田 治

他のヒグマ本が良い

エッセイ

エッセイ 良書-買って良かった

エッセイ

黄色いテント
田淵 行男

文才がある、面白い

エッセイ

谷川岳大馬鹿野郎の50年
寺田 甲子男

最高です、入手難いつか「山岳サルベージ繁盛記」をこの手に…

エッセイ

東京したまち山岳会
寺田 甲子男

「谷川岳~」に比べると凄くやんわりしているがこの本もなかなか

エッセイ

日本百名山紀行 上・下
深田 久弥

百名山ツアーをしている人はこの本を読んだことはあるのだろうか?本当に読んでいるのならそんな山の巡り方はしないと思うのだが??

エッセイ・技術書

タープの張り方火の熾し方 私の道具と野外生活術
高桑信一

みんなたき火が好きだった

エッセイ

あの頃の山登り 北海道の山と人
橋本 誠二

値段が高いがおもしろい文章に引き込まれる

エッセイ

北の山
伊藤 秀五郎

隠れた名著

エッセイ

ザイルを結ぶとき
奥山 章

この時代の人は言う事が人それぞれ面白い、内容は著者の日記・エッセイ

エッセイ

続 開墾の記
坂本直行

痩せた土地で苦悩する直行さんの日記、時代が変わり直行さんの絵=六花亭という事を知らない人が多い

エッセイ

原野から見た山
坂本直行

まさに待望の文庫化である

エッセイ まあまあ-好みの個人差ありそう

エッセイ

北海道の山を登る
高澤 光雄

エッセイとして面白い

エッセイ

大雪山讃歌
高澤 光雄

いい本だが山の履歴簿に比べると…

エッセイ

未完の巡礼
神長 幹雄

山で無くなった有名登山家を巡る旅のエッセイ

エッセイ

山と雪の日記
板倉 勝宣

北の山と共に読みたい

登山史・アイヌ・マタギ

登山史・アイヌ・マタギ 良書-買って良かった

登山史

北海道の登山史探究
高澤 光雄

「北海道の登山史」よりも色々と掘り下げている内容

登山史

北海道の登山史
安田 治

広く深くこれを読めば登山の裾野が広がる?

 

登山史

復刻版 北の山の栄光と悲劇
滝本 幸夫

眠たくなるけど面白い、札内川鎮魂歌、全般ぼやかす特徴的な文章だ

登山史

山道具が語る日本登山史
布川 欣一

中古お買得、面白い

アイヌ

アイヌ学入門
瀬川 拓郎

専門的過ぎず要所は抑えている、アイヌの種類や砂金ネタも

アイヌ

アイヌと神々の物語 炉端で聞いたウウェペケレ
萱野 茂

口や鼻から魂が飛び出さないように~とか「エヘンエヘン」からの「早く入れなさい」のお叱りはもうネタである、この本は面白い

マタギ

山人たちの賦
甲斐崎 圭

面白い名著

登山史・アイヌ・マタギ まあまあ-好みの個人差ありそう

アイヌ

アイヌと神々の謡 カムイユカラと子守歌
萱野 茂

普通にユカラが書いてある、ウウェペケレの方が読みやすいかなと

渓流釣り

渓流釣り 良書-買って良かった

釣り

大イワナの滝壷
白石 勝彦

渓流釣りをしない自分が楽しく読めた本

釣り

山釣り
山本 素石

渓流釣りエッセイ

釣り

渓語り・山語り
戸門 秀雄

内容が渓流釣り寄りもこれも面白い

文学

文学 良書-買って良かった

文学

日高の風 孤高の山岳画家・坂本直行の生涯
滝本 幸夫

六花の森売店にある、読んだら美術館にも足を運ぶと良い

画集

直行さんのスケッチブック

画集は高いけどこれはとても手頃

文学

日本の分水嶺
堀 公俊

山の見方が少しだけ拡がる

文学

定本 黒部の山賊
伊藤 正一

一気読みした

文学

羆嵐
吉村 昭

何せこの表紙だから見つけたらジャケ買いするね©円谷?

文学

高熱隧道
吉村 昭

関電黒4ダム見学前は必ず読むべし、真のマイトガイ物語

文学 まあまあ-好みの個人差ありそう

文学

日本風景論
志賀 重昴

片かなが苦でとても疲れた本

文学

山の目玉
畦地 梅太郎

畦地梅太郎の画文集

文学

黒部の太陽
木本 正次

有名小説も10で飽きちゃって完読できず

文学

聖者の碑
新田 次郎

「八甲田山死の彷徨」「劔岳・点の記」「強力伝」「芙蓉の人」「孤高の人」苦手だ新田次郎

文学

羆撃ち
久保 俊治

ガチな猟の話

雑学

雑学 良書-買って良かった

雑学

山の不可思議事件簿
上村 信太郎

現象・事故・伝承から雪男まで幅広く網羅

雑学

くう・ねる・のぐそ
伊沢 正名

衝撃の一冊、うんこの袋とじ付

雑学 まあまあ-好みの個人差ありそう

雑学・地質専門

大雪・富良野・夕張の地形と地質
前田 寿嗣

まだわかりやすく為にはなるがマニア向け

雑学

山の雑学百科
芝 祐治

ボリュームあり暇つぶしには最適

雑学・法律判例

登山の法律学
溝手 康史

途中で飽きちゃった

雑学

葉っぱのぐそをはじめよう
伊沢 正名

くう・ねる~をを越える衝撃はもう無い

雑学

アウトドア大百科
Lachlan Malaine

スケールがデカすぎて危険動物にライオンとかサイとか…

雑学・地名

地名を巡る北海道
森 孝

参考程度に

遭難もの

遭難もの 良書-買って良かった

遭難もの

死のクレバス アンデス氷壁の遭難
J.シンプソン

帰り道にホキられた人

遭難もの まあまあ-好みの個人差ありそう

遭難もの

いまだ下山せず!
泉 康子

遭難から発掘までなかなか面白い

遺稿集

山に逝ける人々(後編)
春日 俊吉

ジャケ買い(笑)表紙はダンス甲子園

アルピニズムとは?

筋肉や脚や腕の問題だけではない。成否を決めるのは精神だ。ただ、精神だけなのだ。山に挑むために必要なのは、ただ肉体的な訓練だけではない。もしそれで充分なら、ことはあまりにも簡単すぎはしないだろうか。それにはやはり精神が必要なんだ。~Walter Bonatti  小西政継「マッタ―ホルン北壁」より引用

アルピニズム

アルピニズム 良書-買って良かった

アルピニズム

ビヨンド・リスク
Nicholas O'Connell

ダグ・スコットの絵はジョージ・クリントンにしか見えない、これを読むとまた読みたい本が増える

アルピニズム

無名峰 日高山脈100渓谷40支稜踏破の軌跡
島田 茂

ストイックな日高の猛者の記録、超おすすめ

アルピニズム

新編・風雪のビヴァーク
松濤 明

遺書は詩人ボブ・ディラン

アルピニズム

ヒマラヤを駆け抜けた男
佐野 稔

「日本山岳史上最強」と言われる山田昇さんの本、登山者として一番好きな方、掛け値無しのこの時代の登山は本当に凄いと思う、最近の本があまり面白くないのはそこなのかな?表紙の写真は「ダウラギリⅠ峰」

アルピニズム

雪煙をめざして
加藤 保男

淡々とした文章ではあるが筆者の気持ちがストレートでなかなか面白い、鶴の件はここから抜粋か、「ヒマラヤを駆け抜けた男」でも登山家の故・尾崎氏に対する苦言がまたしても…

アルピニズム

マッターホルン北壁
小西 政継

「鉄の意志」良き言葉です、本を出版する度にこの人の文才を感じる

アルピニズム

グランドジョラス北壁
小西 政継

小西さんの本には冒頭に登山史がありとても読みやすい

アルピニズム

青春を山に賭けて
植村 直己

名著

アルピニズム

極北に駆ける
植村 直己

とても素直で読みやすい、犬ぞりイヌイット村物語

アルピニズム

梅里雪山
小林 尚札

信仰の山のありかた

日本の登山家

残された山靴
佐野 稔

江夏の序文はとても変な気持ちになる…

外国

星と嵐
Gaston Rébuffat

レビュファ先生の名著、3回読んだら良く分かる

外国

ナンガ・パルバート単独行
Reinhold Messner

メスナー様のナンガ物語

亡くなられた某日本の登山家はメスナーを超えた等と不快な発言が目立っていたような記憶が…

外国

墜落のしかた教えます
Warren Harding

ロッククライミング入門とあるが娯楽本だった、R・Rとボルト使用批判のアンサーが随所に散りばめられている、巻末にR・R「クリーン・クライミング入門」の紹介があるのはなかなかスパイスが効いている

外国

AVVENTURA わが冒険
walter bonatti

好奇心旺盛なボナッティの大冒険

外国

死はともに登る
Toni Hiebler

淡々として感情的なアイガー日記、ルネ・デメゾンの342より面白い、翻訳のうまさかな?

アルピニズム まあまあ-好みの個人差ありそう

アルピニズム

果てしなき山稜
志水 哲也

北海道縦断は凄いが心に響かなかった1冊

アルピニズム

垂直に挑む
吉尾 弘

岩っ子の本だ

アルピニズム

垂直の記憶
山野井 泰史

なんだろあまり頭に入らなかった…

アルピニズム

狼は帰らず アルピニスト森田勝の生と死
佐野 稔

この人ほどではないが本音と建前を上手に使い分けられない自分には少し共感するところはあるが殴られるまでの事は無い、この人は華があり魅力があると思う、「神々の山嶺」のモデル、佐野さんの本は誇張が過ぎるとあるが、この人の文才でもあるのだろう

アルピニズム

ジャヌー北壁
小西 政継

年と共にきれいな文面、グランドジョラス・マッターホルンの方が好きかな

日本の登山家

みんな山が好きだった
山際 淳司

改題前「山男たちの死に方」

外国

グランド・ジョラスの342時間
Rene Desmaison

これも岩っ子向け


-山あれこれ

© 2021 日高の懐へ