北日高 ハイク

神威岳(1756)北東尾根 令和2年4月18/19日

 

セックン!アペ・フチ・カムイ!

神威岳北東尾根

・ハイクなので今回爪は使わなかった、軽荷なら日帰り可能、エサオマンは遠い

・枝沢~カタルップ沢の滑走できそう、但しCo955/10mとCo1140/40m滝の処理次第?

ポイント・核心

・尾根の取り付きは急傾斜、ルートは体力勝負か

・悪天時のテン場Co1300、Co1400以降は無風ポイントはあまり無かった

神威岳1756

【三角点】 -
【アイヌ】 カムイ・ヌプリ/神の・山
【一口】 旧・悪魔山 【野作東部日記】より

エサオマンがとてもきれいに見える山

【ルート】 神威岳北東尾根
【タイム】 戸蔦別川林道~神威岳/9h
【距離】 24㌔

4/18
戸蔦別橋(仮)5:40 ~1400デポ地 11:00 ~神威岳14:20/14:30 ~1300幕16:00
4/19
1300幕7:40 ~戸蔦別橋(仮)11:00 オギと

<Slide Photo>

 

稜線から眺望

公営神威マンション竣工!

アペ・フチ・カムイ!

いつものスライダー1秒バージョン

雪は腐っているがまだいい林道は尾根取付きまで2h、傾斜は急で埋まるからツボは厳しいスキーなら序盤木がうるさくシートラが多いだろう、目標はエサオマンだったが1泊2日は想像以上に厳しく神威岳の往復になる、好天と厳冬装備(極力軽く)or雪洞技術と体力がもう少し必要で稜線でスキー投げ捨てで可能性が見えるかも

久々の”俺たち講習”、お互い体鈍っている中よく頑張った方だと思う楽しかった、神威から見るエサオマンは壮大で夏の【カタルップ沢・八ノ沢】のやる気が俄然出てくる、Co1200~1600までの間の東風悪天時のテン場は運良くCo1300ワンポイントで当たりだった他なら風をかなり食らうだろう、神威から戸蔦への縦走も今時期なら可能か5h位ルートの作り甲斐がある山だ、カタルップ滑走も可能だと思う来年はスキー担いでカタルップ滑走したい

冬の【焚き火】ほどありがたいものは無い、ザック65では小さく夜は寒くて80以上のザックと厳冬期シュラフ・が欲しくなった、それに【バルトロ65】ではシートラが出来ない、泊りは久々で荷物選定が今ひとつで食材も多すぎて余計に重い、忘れ物が無かったのが幸い、ああ疲れた…

-北日高, ハイク

© 2021 日高の懐へ