沢登り 十勝連峰の沢 美瑛-沢 大雪山・十勝連峰の沢

美瑛富士 涸沢川 令和2年7月3日

 

サーカスチャーリーだ!

涸沢川

核心部は3段大滝、確保無しでも行けるが視覚のマジックに侵される そして支点作りが核心になる

ポイント・核心

・雪解け水の水の冷たさは1級品

・核心部3段滝は壁を登り左岸テラスへ、壁がボロボロでハーケンがほぼ効かなく支点取りが難しい、滝口まで数メートルのトラバースで道もうっすらと見えるが見た目と道のギャップがある、慎重に行けば問題ない、巻きは手前右岸の枝沢の大高巻き大変そう

・涸沢合流点の縦走路~小屋の間の縦走路に🐼新しいくまのフン×2どうやら居ついてるそうだ

美瑛富士

【標高】 1888m
【三角点】 -
【アイヌ】 美瑛 ピイエ/油っぽい
【タイム】 実働6h位 核心部の処理で1h前後違う、下り 小屋~P/2h
【小屋】 美瑛富士避難小屋
【距離】 19㌔

美瑛富士登山口6:40~ 1720縦走路13:30~ 美瑛富士14:00~ 避難小屋14:40/15:30~ 美瑛富士登山口17:30 クニと

<Slide Photo>

 

Co1100滝

Co1100滝横から

雪渓で埋まる

ピークから

前日はひどい雨だが久々の安定した晴れ、クニとは4ヵ月位以来か今年は走り込んでいるそうだ何があった!?美瑛富士登山口で準備し7時前遡行開始、Pは大繁盛美瑛富士登山口を使う人の多さにビックリ

登山口から少し歩いてジグザグの終点から藪を漕いで入渓、素直に川原から砂防を越えるのあまり変わらず、涸れた渓相はとても良かった少し歩くと水が出てくる滝もポツポツ全般ボロボロで直登は意外と難しい、渓相は途中から荒れてくるものの全般きれいな沢だと思う浮石多い、残雪の水は今まで浴びてきた水とは全く違い異常に冷たい、滝→ナメ→川原の繰り返しテンポよく飽きない

1100m位から雪渓で埋まるも主要な滝は生きており残雪の景観が良い、3hほどで核心の3段60m滝、下から見るとトラバース地点がかなり立っているように見えたが大高巻きの考えは無い、テラスに上がり見ると道が見える、支点のハーケンが全く決まらない、確保無しでも行けそうだが安全遡行にこした事は無く結局あまり効いてない確保でトップで通過、数mだが途中右足をずってクニに不安を与えてしまった自分も一瞬終わったと思った(;´Д`)2段目は手がかり少なく空身ショルダーとハンマー試しダメなので滝口左ギリギリにある草付から弱そうな木を使い上がる、3段目は残雪多くとても登れるレベルではないのでそのまま右岸から木を使って滝を抜ける、核心越えると癒しの沢に変わるりクニは30分ほどドローンを出して遊んでいた、道中景色良くフカフカのカーペット有り寝っ転がったりした暖かくて気持ちがいい

Co1600以降は水線を詰めれば縦走路に出る、早く出れそうなとこは有るかもしれないが素直に詰めた方が無難か、縦走路の目印の黄ペンキは沢からだと見落としやすい、分岐から美瑛富士まで20分位行かないつもりが天気良く分岐に荷物デポしついついつい足が向くチングルが盛期だった、夏道はマラソンシューズに履き替えて下山、ぐちゃぐちゃだが整備が行き届いているもシューズは防水0でソールがつるつるだから泥笹で1回こけた、【トレランシューズ】が欲しいな

ドローンで遊んでフカフカで寝る、さくさく行って【アバレ川】水無川の下降よりものんびりした方がいい沢かも、1400以降の渓相はとても美しいまるで大雪の楽園に来ているみたいだった、茗渓!

-沢登り, 十勝連峰の沢, 美瑛-沢, 大雪山・十勝連峰の沢

© 2021 日高の懐へ