大雪山・十勝連峰のスキー スキー 美瑛・スキー

美瑛涸沢スキー場

スキー上達への記録


最近厳冬期にピークを逃す、まだまだ力不足ですね、穏やかな晴れてる日にピークを取れるのは当たり前、荒れている時に取れるからこそ素晴らしい!美瑛のピークを取れなかった時の記録

美瑛岳

【標高】 2052m
【三角点】 二等 帯経しけ(オビタテシケ)
【アイヌ】 美瑛 ピイエ/油ぎっている
【一口】 旧 西オフタテシケ山
【百名山】 北海道百名山
【小屋】 美瑛富士避難小屋

 

【R3.12.26】涸沢左岸尾根 Co1430まで

寒波でホキる

涸沢左岸尾根

3月と12月じゃまるで違う美瑛岳

負け

・寒さ対策、装備の話じゃないがもう少し改善が必要か?

・体力不足、時間は無限じゃないからねペースを上げろ、新雪のラッセルは付き物

・以前より貪欲さが無くなった、滑れりゃいいからじゃ負け癖が付いて当然

・荒れた日にいかにピークを取るか考えるべき

P7:40~ Co1430 12:00/12:10~ P15:00 オギと

<Slide Photo>

とあるこじんまりとした癒しの極上パウダー斜面

 

寒さで朝から戦々恐々、寒波襲来は聞いていたが桂沢湖越えた辺りで-20℃表示でドン引きする

あまりに寒いので腹に懐炉(マグマ)張る、少し道を間違え10分アルバイト、砂防越えは二股辺りで雪が埋まり問題なく、林道に沿わずそのまま樹林帯に突入もだらだらと続く新雪のラッセルと寒さで捗らず、小さなスキー場を越えて尾根に上がると底冷えするハイマツ帯で落とし穴多数であずりまくり全く捗らない、Co1100で簡易温度計が-15℃を超える、この位の温度は味わった事はあるが何だか温度以上に寒い、Co1400付近でオギ寒さでダウン、時間も足りず到底ピークには届かずCo1600から始まる暴風ワールドで戦う気力も無く天候も回復の見込みは無しとにかく寒いのでCo1430で打ち止め、滑走はさすがに寒いだけあってドライパウダーだった、ハイマツの落とし穴怖くておそるおそる滑走、オギ雪庇を落とし巻き込まれ一瞬焦る、ウサギを見かけるが何だか自分が思っている以上にでかくてびっくりした、ゴープロは寒さに堪えれず録画は出来ずオギの携帯もバッテリー切れ、電子機器は寒さに対して無力だ、帰りは自動運転には程遠く2時間半かかり集中力が切れた事もあり結構疲れた

今日は体調等トラブったりハイマツトラップで怪我したら死ぬなと常に考えていて自分もややホキな一日だった、良く言えば安全第一、悪く言えば負け犬思考、とにかくまだまだ経験が足りない

去年から狙ったピークが落とせない、以前よりピークに執着が無いというより貪欲さが無くなっている気がする、ピークが全てでは無いし無理しても事故って山は逃げないだの言われそうだが悪天でも登山の終結点としてピークを取ることが大事だと思う、スキーはまだ3年目だが少しづつでも成長していきたいと思う、狙ったピークを落とせないのはやはり悔しい

 

美瑛富士

【標高】 1888m
【三角点】 -
【アイヌ】 美瑛 ピイエ/油っぽい
【小屋】 美瑛富士避難小屋

 

【R3.2.28】涸沢右岸尾根 Co1750まで

もう春ですね

涸沢右岸尾根

今日は強風で挫折しました(;´Д`)

ポイント・核心

・Co1450下から滑走面が良い、1400より上は岩が点在

・左から小屋に向かうコルを目指し頂上付近下をデポ直登すると下りでいい滑走ラインを取れるかもしれない

単独
P7:00 ~Co1750?12:00 ~P14:20

<Slide Photo>

てんくらが当たった!

今季初めての晴、久しぶりに山が見たいから美瑛岳も本当は美瑛側からオプタテに行きたかったが結果今の体力では無理だからやめといて良かった
低気圧の通過はあるがてんくらで風24mは疑わしく軽い気持ちで遅い6時半P到着、Pで大パーティーが美瑛岳に入るそうなので急遽美瑛富士にした、正直どちらでも良かった

トレースが無く去年より1hペース遅れどんだけ体力が落ちているのだろうか?久しぶりの晴で終始笑顔だったと思う、最近滑る事を言い訳にピークを取れてないからCo1450でスキーデポしてピーク詰めようとCo1650まで行くと急に涸沢から巻き上げの強風、登りでゴーグルをするのは久しぶりだった油断して目を少しやられた、15分ほど待っていたら急に美瑛側からガスが湧いてきたのでCo1750辺りで撤退する、結果1h程山頂は見えなくなったので眺望も無いし、1人だから強風をついて無理にピークにこだわっても事故るだけ実力が未熟だから仕方ない、去年もそうだが12時にガスが湧くのは偶然か?

今日は暖かく雪が緩んで重い雪で傾斜が緩めな分安全運転スキーだった、大丈夫だと思ったが少し外れた沢を滑ったら30分のお仕置きを受けた、帰りは下駄になりなかなか大変だったが久しぶりのマンデーは気持ちが良かったバイ

今日も靴ズレ1箇所、殺人スキー靴と向き合うことにした、靴下のずれも意外と靴ズレの原因か?

-大雪山・十勝連峰のスキー, スキー, 美瑛・スキー