とあるハイカーの北海道登山記録

芦別岳 ユーフレ川本谷 令和元年5月19日

 

巨大な岩が転がってきた、死んじゃう(*´Д`)

芦別岳

【標高】1726m
【三角点】2等 礼振岳
【アイヌ】ハシュ・ペ
灌木の中流れる・川
【ひとくち】旧 ソラチ山・ソラチ岳
十勝土人はリーフリヌプリ
(高い・赤い・山)
石狩土人はアッシュペツヌプリ
ユーフレ川(沢)・礼振峰⇒リーフリ?
【百名山】日本二百名山
北海道百名山
【ルート】ユーフレ川本谷
【距離】17㌔
【登り】
【下り】
旧道~本谷6時間
新道2時間半
【小屋】ユーフレ小屋
太陽の里ふれあいの家
【テン場】掘り返し有も
1650コルいいかも
【林道】ユーフレ1号
【渡渉】旧道から三段滝の所、木に跨れば濡れない
【温泉】いいとこ無し
【亡装備】ウィペットカバー

旧道5:30~ユーフレ小屋7:30/8:00~コル11:40/12:00~芦別岳12:20/12:30~X展望所13:00/14:00~
新道口16:20 オギと

 

 

ご挨拶の雪玉

追撃の手を緩めない本谷の雪玉の洗礼を躱す先行者

兵器をやたらと量産する本谷

本谷

トラウマ克服スライダーマン!

時期が遅いせいか釜は埋まって巻かずに済んだがデブリが消失気味で雪が汚い、雪崩も無い、しかし代わりに巨大な鉛玉が落ちてくるところはさすがに本谷、当たったらただでは済まない1mの岩、人間あまりの出来事には無力なもの撮影する余裕は無し
独特の景観はやっぱりいいが急登は前回のカチポロには遠く及ばない、トレースのせいか?

4月末あたりだと雪が残りデブリだらけ雪崩有のきれいな本谷を見れる、この時期は融雪が進み人の出入りも多くトレースが有り今ひとつと思いつつ、古代ローマ兵器の様な岩が落ちてくるのは今ならではか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。