日高・道東のスキー スキー

芽室岳 北尾根 令和4年2月19日

筋肉ラーメン食べそびれ

芽室岳北尾根

冬尾根は川原歩きを考えると北尾根の方が登りやすい

ポイント・核心

・林道はラッセルあっても小屋まで1h強、崩落復旧し楽になった

・小屋前は渡渉、今時期はSBあるがそのうち無くなりそう

・道中難所無し、コル手前でクラストでピークまで

・今回はコルから滑走したが斜度も良く吹き溜っているが途中灌木がうるさい、Co850位から要所で川が露出している、冬尾根付近の沢筋も結局は同じか?北尾根を滑走してもやや密林で面白くないと思う

芽室岳

【標高】 1753m
【三角点】 一等 芽室岳
【アイヌ】 メム・オロ/泉地・それの処

メム・オロ・ペッ/湧壷・の処・川

オトイベ・ナイ/砂礫無き泥川或いは泥の澤「十勝地名解」

【一口】 明治11年(1878)小原久兵衛ら6名の猟師が芽室川より芽室岳を越えパンケヌシ川より沙流川本流に抜ける「十勝誌」
【ルート】 北尾根

ヌプリパオマベツ川滑走

【百名山】 北海道百名山
【林道】 オマベツ林道 4㌔ 夏は復旧したのか?

登り50分 下り30分

【小屋】 芽室岳山小屋・崩壊中

山小屋芽室岳

昭和63年(1988)建設のログハウス風休憩用避難小屋、収容7名無人通年利用可
⇒平成5年(1993)収容10名

P7:30~ 小屋8:20~ ピーク12:10~ コル12:30~ P14:50 単独

<Slide Photo>

モモがやられてゆっくり滑る、重くて走る雪

風はあるが天気が良い日高へ行くことにした、南東面も考えたが雪が無いのではと無難な北尾根に

林道は先行者トレースが有り50分程で小屋へ、Co800位で4~5人パーティーを抜いて後はひたすら登る、ラッセルはCo1300辺りがきつかったが他は全般固めでうっすらだった、Co1400付近から風強くなり気温も低いので寒かった、コル手前Co1600付近でクラストしたのでもう少し手前でコルに向かう沢筋に降りた方が良かった

コルからはガリガリなのでクト―で頑張ったが捗らずシートラしてアイゼンで登る、ピークの眺望は良かったが風が強いので早々に下山、コルで登ってきた単独登山者と話をしてコルから滑走する、どうやら多人数パーティーは引き返したそうだ

雪はやや重く走りやすい、斜度も程よく雪崩の心配はなかった、滑りやすいがモモが疲れて休みながら滑る、途中灌木がうるさかったがなかなか楽しい滑走だった、屈曲する辺りから川が露出してやや微妙なトラバースもありつつ沢を下る、砂防ダムを越えた辺りで尾根に上がり小屋まで1h30分強だった、直下の沢や冬尾根・芽室川を滑っても結局はお仕置きを受けるが北尾根を滑っても楽しくないので仕方ないのかなと思った

林道は半自動運転でそれほど苦ではなかった、久しぶりに日高の山並みを見てたらなんだかチロロ岳滑ってこようかなと帰り道に考えていたものの2ノ沢はとても面白そうだが林道が正直面倒臭い

下山してすぐに”筋肉ラーメン”清水の寶龍に駆け込んだが準備中だった、ふと玄関口に見えた筋肉店員を見て次こそはとんとろチャーシュー味噌を…

-日高・道東のスキー, スキー