とあるハイカーの北海道登山記録

芽室川 西峰北東面直登沢 平成30年9月23日

アタック!芽室川

雲海と紅葉ランチを堪能しつつも嫌がらせに近いガスで眺望は辛め、パンケヌーシ岳は沢から行かない限り踏む事は無かったのかもしれない

台風通過後は小屋も破壊済み人の入りも少なくなり笹が被り登山道は荒れてきている、前日は雨が結構降ったがここの沢は増水は余程の事が無い限り問題ない

小滝の連続するツルヌル小王国の核心部は意外にも最後の詰めだった
オギのフェルトは既に薄く自分のゴムもソールがツルツル、今年の沢仕舞になるのか?

芽室川

【標高】1753m
芽室岳
1746m
パンケヌーシ岳
【三角点】1等 芽室岳
?等
パンケヌーシ岳
【アイヌ】メム・オロ
泉地・それの処
パンケ・ヌ・ウシ
下流の豊漁沢(この川は鮭が多く上がる)
【百名山】北海道百名山(芽室)
【ルート】芽室川西峰
北東面直登沢
~夏道
【距離】16㌔
芽室川~
パンケヌーシ岳~
芽室岳~
登山口
【登り】
【下り】
5時間半(パンケ)
2時間(芽室岳~小屋)
【小屋】芽室岳小屋・崩壊中
【テン場】1400辺りは張りやすい(冬)
【林道】オマベツ林道・2㌔復旧済
4㌔歩き、復旧近し
【渡渉】-
【温泉】鳳乃舞芽室 410円
アメニティ無
14:00~21:30
0155-62-8668
【メモ】若干ツルツル
バイル必須

P5:40~避難小屋6:00~1270分岐8:40~パンケヌーシ峰11:10/11:30~紅葉ランチ~芽室岳13:30/13:50~避難小屋16:00/16:30 オギと

山岳会の方が小屋を整理していた
幌内分岐、over the rainbow マン
なかなか荒れてる
1時間弱で渓相変わりだす
行くゼ!
嫌がってたけどもうすっかり 沢屋さん、少しヌルヌルする岩
滝の連続、近場にこんないい遊び場があったなんて
助けて!めむろレンジャー!!スラブではまる
めむろレンジャーに救出してもらう、スミマセン
 
 

写写丸参上!!激写!おしり~

写写丸返し!
この辺りで滝終わり1270分岐に入る、分岐は右へ
分岐から上がったとこ、荒れてるけど紅葉で癒される
最後の詰め傾斜きつく泥で滑る、バイルあると楽、1670付近から左の樹林に逃げたら酷い藪漕ぎを強いられる
振りむけば日高
パンケ付近に脱出、風が少し強い、小さい岩がパンケ頂上
パンケヌーシ参上!
芽室岳、ガスがいやらしい
カチポロ方面にきれいな雲海
芽室に向かう途中に風の当たらない場所で昼飯、パンケ~芽室の道は結構不明瞭、道も斜めで歩きづらい

カレーメン旨し!この時だけ陽射しがありかなり休んでしまった、そろそろウィンナーを復活させるかな?

芽室岳、ガスで眺望無し
ハイマツと私
西峰きれいに映る
登山道は全般笹が被り下もドロドロ、ルーファイは確実に

 

滝のぼり

芽室岳から

ヌルヌルやツルツルも有るけど程よく難しく楽しい、夏道が使えるのもありがたい
降雨で濡れた最後の詰めが核心部か?傾斜きつくかなり滑るのでバイルは必携、笹ヤブを漕ぐか安全に灌木・ハイマツの中を行くかの選択はある
芽室は前に比べて整備がされてないのでダニの時期はちょっと嫌だ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。