とあるハイカーの北海道登山記録

豊似川右股沢 ~左沢 トヨニ岳北峰 令和元年9月27日

沢納め、もうへろへろ

ピーク付近で泊予定も思ったより早く沢を抜けたので日帰りに変更した
朝寝坊でスタート40分遅れ、結果日没10分前に下山
泊まり装備重くて今日はとても疲れた、もう少し荷物を軽くする努力をするべきだと思った

トヨニ岳

【標高】北峰1529m
南峰1493m
【三角点】北峰にある、補助点?
【アイヌ】チェ・トイ(食べる土/食用粘土)→
トイ・オ・イ
食土・ある・ところ
【ひとくち】食用土
珪藻土のような水に溶けやすい微粒の土、野菜料理などの調味料の一種としてわずかに添えるそうな
【百名山】-
【ルート】豊似川右股沢~ポン3ノ沢
【距離】21.6㌔
【登り】
【下り】
6時間半(北峰)
3時間半(南峰から)
【テン場】北峰1張
【温泉】三石昆布温泉
サーモン漬丼旨し
【新装備】タイブロック
【亡装備】お助け紐
滝の登攀中
タバコケース
ヤブ漕ぎ
【メモ】難所は820滝、確保が無難か
残雪で難易度時間変わる
【メモ2】増水時は浸かる
ヌメリが多い沢、フェルトすり減っていると大変そう

増水したり残雪が多いと嫌な感じのする沢だと思う、滝の微妙ないやらしさは全行程気を抜けなかった、ヌメリが若干気になる

 

9/27 6:10P~ 12:30/12:45トヨニ北峰~ 13:40/13:50トヨニ南峰~ 17:30野塚トンネル前覆道~ (国道アルバイト)18:30P Drと

林道崩壊、使っても微妙
美しい渓
へつり、前半はとにかくへつる
テッドブロイラー参上ガガガッ!じゃまするやつはころす!
 
 
ゴルジュへ
へつり
 
 
 
下は深い、へつり
滝だらけ、残雪は全く無し
 
 
 
上が核心だった820滝
820滝、Drは確保無しであっさり、自分は中段から滑ってしまった危うく落ちそうになって確保してもらい登る、課題だらけ登攀力の低さを思い知る、残置は見つけられず、初めて使ったタイブロックはテンション掛けない限りロープ痛まないから結構便利だった、右から捲けそうかも
ぬめりも有り若干微妙なところも多い
カチを見つければ割と楽
どの山へ行っても大抵屈曲すると滝がある!?
どの滝も油断できない
1000の分岐は右、左は南峰へ
上が1150滝?高捲いたがそこまで気にするような所では無い
1150滝以降は小滝が続くが微妙なのが多く、草付の方は微妙だと思った
意外といやらしいのが延々続く
ヤブ漕ぎは薄めなので楽
残雪・増水なく今日は条件が良かったので北峰に6時間半、泊まる気で来たが間に合いそうで日帰りに変更
一瞬見えた眺望
いかにも馴らされた感じの快適なテン場1張分、風も当たらずここはいいな
南峰まで1時間、踏み跡有ハイマツも薄い
紅葉
快適な稜線、ナイフのとこか?
トヨニ東峰も紅葉
癒された
北峰の方
ポン3下降、懸垂は残置使わないので4回、自分は結構疲れて電池切れ状態に
日没間近で道路に上がるポイント分からず野塚近くの覆道に上がる、自転車持ってこれば良かった、面倒でもさすがに闇河原歩きはしたくない
ここから車まで1時間のアルバイト、タフな男Dr今年は本当にありがとう
天然のフクロウ発見、超かわいい
三石昆布温泉でサーモン漬丼、おすすめ

トヨニ稜線

登攀力が低い自分には820が核心となる、フリクションは効くが斜度ありホールドが微妙なのでハートの問題かな?右に灌木帯あるがたぶん行ったらやられる、確保しながら登るか右から捲き道の活路を見出すのみただし巻けるかどうかは知らない

沢床もきれいでゴルジュも有り滝も20以上あり多くとても美しい沢だと思う、今度は雪渓のある時に行ってみたい、自転車は必須か?

今は体の調子があまり良くなくどうしようか迷っていたが行って良かった、今年最後にいい沢に行けたと思う、Drには感謝しかない、また来年も宜しくね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。