とあるハイカーの北海道登山記録

貫気別山 貫気別川 令和2年6月21日

 

ロカを落としてしまった

( ノД`)

貫気別山

  
【標高】1318m
【三角点】1等 貫気別山
【ひとくち】ヌツケベツ岳
【アイヌ】ヌプキ・ペッ
濁り水の・川
【ルート】貫気別川~枝沢
【距離】15㌔
【登り】
5h半
【林道】Pは350二股の砂防付近
【亡装備】バイル
MIZO ロカ( ノД`)
【メモ】510二股まで1h位、全般荒れてる、ピーク付近はヤブ、眺望良くない、滝は巻ける
【メモ2】1030の読図が核心か?水流のある中股?説明しづらい埋まってる左ではない
1170の6股は左から2番目~ピーク~枝沢下降点の間にに自分のバイル・MIZOロカが落ちているもし拾ったら末永く大事に使ってやって下さい

いわゆるマイナーピーク、荒れ方が酷く滝らしい滝も2つだけだがバイルを落としたことにより心に残る沢になったかも、ブタ沢かもしれないが仲間と行く沢は楽しくない沢など無い

砂防付近P6:00~ ピーク11:30/12:00~ 砂防P16:00 オギと

のんびりとタバコを吸い過ぎ読図で時間を使った、気温低く終始ガス、今季一番寒かった沢行だった

ガスが酷いので林道は使わなかった510まで1時間弱林道使えばもっと早いだろう
荒れた林道が続く、砂防は6個位今年の沢で一番冷えたと思う、寒かったそして旭地区はくまが濃い終始頭から離れなかった
510手前に雰因気のいい苔むしゾーンがあるちょっとしたアトラクション
 
岩にローション有り要所でぬめる、そういう時季なのかな?
510分岐
604分岐帰りは左から降りてくる
760分岐だったような?
910分岐
全般荒れてる
崖はルートの目安にした
1030分岐、ガスもひどくどれが3股か判断付かず分岐難しく初めは左股で1070で引き返し地形図もわかりにくい、とりあえず水量のある中股?右股に行く、6股に当たり
間違えた左股にあった極太、道中結構まだあった
オダマキ
1180超えたあたりの樋の滝
トイの滝
上部ではまってお助け紐出してもらったありがとう
1120の15m?の滝
15m滝微妙にいやらしいから巻いた
源頭の6股
GAN様の本では右から2番目、ピーク直下に出ないかと今回は左から2番目を詰めたが結局ピーク左尾根1280位に出たGAN様のルートだとピーク横コルに出るのだろう一番効率がいい
ヤブ漕ぎ1240~60位の傾斜がヤバかった、腕パンパン
稜線出てもヤブ漕ぎ
ピークが嘘みたくとても暖かい唯一晴れてた、ピークから見晴らしが悪い眺望無し
バイルを大切にしていない前兆か?バイルどの段階かわからないが落とす( ノД`)
下降の稜線から山が見えたがどこかわからなかった
下降点にピンテ、有りがたい
200mほどヤブを漕いだら道が快適になる
800前後から滝が出てくる
1個目の15m位の滝かな高巻きで降りれるがせっかくなのでオギの懸垂講習即皆伝
本流より立派な滝があったのでもう一回懸垂、3段30m位かな?ここも巻き道から簡単に降りれると思う
2段目からヌルヌルだった、懸垂中コケて脛強打で腫れた
セコイア~!
604で飯を食べたがとても寒くアル中なみに震えていた自分がやっと温まったころ
帰りはガスが晴れたので林道を使った、快適だった
川原に咲く慎まやかな花、今日はお疲れさま

 

オギの懸垂、実は実践が初めてなかなか機会が無かった

平取ゆからでひと風呂浴びて二風谷つとむで前泊宴豪華なトイレで悠々と車中泊

街中はピーカンも旭地区からガスがひどく結局一日寒かった、林道でハンターの車とすれ違い、トランクに積んだ毛皮を見て若干クマが怖くなったとオギ、川原1時間歩いて沢に取り付き水に浸かるととにかく寒い、要所で滑る乾燥ローションの岩も有り相変わらず恐る恐る歩く、倒木岩多くかなり沢は荒れている500分岐以降に雰因気のいい渓相になるが直ぐに終わる、ひたすら川原歩きの沢でまもな滝が出るのは1100以降に2個1030の読図難しく読図が試される、15mの滝は直登できなかった、空身で行けば行けそうな感じはあるものの寒いし失敗したら下まで落とされそう巻きは楽、ルートはGAN様の言う通りが無難も少し本のニュアンスがわかりにくい、ヤブ漕ぎは全部で30分強か?ダニは1匹だけ見かけたが体にはつかなかったもう死んだか?ピークの眺望は無い、結論このルートはもう来ることは無いだろう

下りの枝沢はヤブ漕ぎから快適な沢を経て滝を2つ処理して川原に合流するだけ特に無し

新しいハーネスの使い勝手が悪い、また何か不具合がおこりそうだからしっかり考えないとダメだな…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。