沢登り 道南の沢

黒松内岳 ぶな滝沢 左股~右股 令和4年4月28日

事故発生(笑)雪渓崩壊と落とし穴

ぶな滝沢左股

・Co290までの滝は露出、残雪がいやらしい滝のみ残雪左岸巻き

・Co290越えた15m2段滝は左のデブリから上がり2段目は右岸残雪を使い巻き

・15m滝後は残雪で埋まっている、10m滝も埋まっていた、道中右岸から大きいデブリが降ってくる注

・残雪の詰めは傾斜きつく雪が固いので要6本爪、バイルあれば尚良し

ぶな滝沢右股

・残置ロープはあるが直下の登山道は崩落している

・Co580から下降、Co620でガロー越沢に降りて修正トラバース、イージーだった

・左股よりも残雪多くしっかり埋まっている、露出はCo290後の10m滝のみで滝下は大きく口が開いている

・残雪要所に空洞あり崩落注意、ヨコハマ君Co620付近で雪渓崩落、自分はCo290分岐10m滝手前で落とし穴3m弱垂直落下

・Co290分岐後の10m滝は右岸巻きならシュルンド滝上トラバースあり、雪は固めでハートは強く

黒松内岳

【標高】 740m
【三角点】 2等 黒松内岳
【一口】 賀老川源頭/折川源頭
【アイヌ】 クルマツ・ナイ/日本人の女のいる・処

奥場所へ出稼ぎに行っている漁夫を慕って来た妻女らが、時化に遭ってこの近くの海で難破し、止むなくここに滞留したところと俗に伝えられているが真偽不明【北海道駅名の起源】

【ルート】 ぶな滝沢左股~ぶな滝沢右股
【林道】 車進入は1㌔程、残雪有残4㌔程アルバイト約1h

林道の雪は遅くとも2wほどで融けるのでは?

【メモ】 ・沢はほぼ埋まっている、早くとも6月頭か

・左股は雪が固く滑落注意、落ちたら下まで行くと思う

・右股は特に雪が緩いので普通に落とし穴がある、ぶな滝沢直下やガロー越沢の直下は雪渓が割れデブリとして落ちてくるので注、雪渓の空洞あり崩落にも注

・クマ痕無し

【怪我】 落とし穴で左上腕軽い打撲

P8:00~ 8:50ぶな滝沢出合(林道アルバイト4㌔)~ 黒松内岳11:30~ (下降点間違い/行者取り) P15:30
ヨコハマ君と

<Slide Photo>

 

またしても事故発生(笑)Co290分岐の自分が垂直落下で落ちたキュートな穴、超ウケる

 

風は強いが快晴、クマの恐怖がややあるが標高の低い黒松内なら沢が埋まっていないのではとヨコハマ君と一路ぶな滝沢へ

林道1㌔走れば残雪が出て車を周辺に停め林道は4㌔アルバイト、開けた林道でくま痕は無く気温も思ったより高く埋まりながら精を出すこと50分でぶな滝沢出合いへ、残雪豊富でCo290分岐までの滝は露出していたが雪渓歩きながら分岐へ

左股の2段滝は左にデブリが埋まってたので高さはあるが楽に直登し2段目は残雪使い巻く、後はひたすら埋まった沢を詰めながら収穫にいそしむ、道中巨大なデブリが落ちてきて肝を冷やす、Co500越えると6本装着で固雪の急傾斜をバイルを駆使して時折わんわん歩きで詰め、岩の直下を避けながらコルを目指し尾根を詰め稜線にでてピークへ

思ったほど風が冷たくなく弱いので眺望を堪能し夏道を使いCo620に向かう、直下は登山道にしては悪く崩壊気味で6本爪がよく効いた、残置ロープはあったが使わないように歩く、Co620でイージーミスだがガロー越沢へ進路を取る、下降後すぐにヨコハマ君が乗った雪渓が大きな崩落起こし、かなり焦ったが怪我無く雪渓下に潜り込むことなく滑落もしなかったのでラッキーだった、この後ルートミスに気付き修正のため固雪急斜面のトラバースをするが、ヨコハマ君慣れないせいかかなりガオっていた、尾根を越え登山道よりCo580から右股へ

雪は左股より緩んでおり快適に埋まった沢を下降する、収穫しながらCo290上の10m滝を右岸から巻く時もやや固い雪トラバースがヨコハマ君には正念場となっていたようだ、確かに下を見ると滝がありちょっと怖い

トラバース後に浮かれて歩いていると今度は自分がCo290分岐の落とし穴に落ちて3m弱垂直落下した、ちょうど中くらいの木が左上腕に絡み大事には至らず木を使い這い出たがこの瞬間移動イリュージョンはなかなか笑えた、この沢緩すぎである(笑)

収穫を終え林道をアルバイトしたのちPへ、粉や花粉が酷くたまらずワイス温泉で汚れを落とし帰札した、今日は色んなアトラクションがあり直近では一番楽しかった山行だったのかもしれない、雪渓の危うさを見直すいい機会にもなった、また行こうヨコハマ君!

-沢登り, 道南の沢