とあるハイカーの北海道登山記録

WPについてh30.4~R1.5

アフィリエイトを考えず、自分の中途半端な山の記録を残したい、自分のページを作ってみたい気持ちからブログを立ち上げてみた
無料ブログではなくわざわざサーバーに金払ってワードプレスを使ったのには画一的にならず自分の構想のページを作れるメリットがある、自分だけの”エリア”を作れるというのはとても楽しい
日々増える訪問者、自分がブログをやっていることを教えたのは4人だけ(D君は独自にたどり着いたが…)、自分の作った好きな趣味のページで知らない人が自分のページに辿り着くというのはとても面白い、いつかは交流のきっかけになるかもしれない
その道のプロフェッショナルでは無いけれど、ある種の自己表現として自分を”晒す”ことも悪くはないと思った、皆個性がある、共感できるところがある、だから今日も更新する

自分がネットで検索しながら立ち上げたブログの作り方

<サーバー>

エックスサーバー X10プラン 月1,200×3か月
*以下はキャンペーンで無料になる初期費用3,000円ドメイン1,500円~(1年)

<テーマ>

サーバー契約したらドメインを取得しHPを立ち上げ
まずはテーマを選択、はじめは訳も分からずTwenty Seventeenから、画面を大きくしたい・シンプルなつくりにしたい等テーマは凄まじい数があるので色々と試してみるのがいいが、モノによっては無償版で使いにくいものもある(変なプラグイン導入や制約をかけられる)のでよく考査したほうがいい
現在のテーマはshapely を使っている、写真の画面がちょうど良いsmart sliderとの相性がいいから

<訪問者>

サイトを作ってから周囲に宣伝もしなかったこともあり検索にもかからず半年は日に0~10人0~15ビューあたりだったか?
スパム攻撃やBordman君に代表される攻撃をくらったひどい時は8倍近く増えるが意味がない、今は外国からのアクセスは遮断している、正直出来るなら北海道のみのアクセスだけでもいい位だ
今は少なくみて日にユニーク訪問15人30ビューあたり、まあ自分のブログなどこんなもんでも多いほうだ、100超えると何かされてるのかと少し焦る
検索されやすい時事ネタ入れ、ブログ同士のリンク、フェイスブックやツイッターと連動させればアクセスはもう少し増えると思うが自分はしない、記事がそっちに寄るのも自分のブログの意味がないから、ここは自分の城
よく書かれているが本当に訪問が少ないからといって気にしないほうがいい、たぶん自分も最弱レベルのブログだから、むしろブログにとらわれ張り付いたり、やりたくもない記事を書いたりすることでブログをやめるきっかけになると思う、ゆっくりと周りに惑わされず自分の世界を構築したほうがいいし、訪問者の数より質を大事にしたほうがいい、そして時間はかかるが必ず訪問者は増える、訪問者が気になってしょうがないなら無料ブログをおすすめする

<プラグイン>

Php、Cssを使いこなすツワモノはあまり入れないらしいが自分は結構入れてる、だからといってこのサイトが遅いのかと言われればそうでもない、入力を失敗するとテーマの更新等で吹っ飛んでしまうのも面倒なのでプラグインを活用している

導入プラグイン

Akismet Anti-Spam –スパムメール対策

・All In One SEO Pack-SEO検索

・Breadcrumb NavXT-パンくずリスト

・Category Order and Taxonomy Terms Order-カテゴリーの整理

・Classic Editor-投稿画面を使いやすく

・Contact Form 7-問い合わせフォーム

Gallery Custom Links-メディアにギャラリー機能追加

・Imsanity-写真の容量を減らす(重要・サイトの高速化)

・Shapely Companion-テーマのバーター

・Shortcodes Ultimate-ショートコード

・Smart Slider 3-写真スライダー3枚機能(実はMaster Sliderで事足りる)

・Master Slider-写真スライダー機能

・Orbit Fox Companion-テーマのバーター

・Table of Contents Plus-記事の目次

・TablePress-

TinyMCE Advanced-編集機能の拡張

UpdraftPlus – Backup/Restore-バックアップ(重要・重いがPhpいじるなら必須)

・What’s New Generator-新着マーク

WP Multibyte Patch-文字化け防止

WP-CopyProtect-コピー防止

WP-Optimize-最適化(効果の程は不明)

WPFront Scroll Top-スクロールボタン

リビジョンコントロール-記事の変更履歴を管理

<解析・他>

サイトのスピードやいわゆるSEO対策でサイトマップ構造化させたりインデックス検索をすることで検索されやすくなるという、あまりインデックスすると変にサイトに表示されてしまうのでしないようにはしている
また、訪問者の流入先や地域、検索ワードを見ることができるので寄せるならその検索ワードに沿って記事を作ると訪問者は増えるのでは?自分のトレンドワードと今どきのワードは遠くかけ離れている、まあいいか

・Analytics-サイト訪問解析、外国からの訪問が多くなると注意、GoogleとAll In One SEO Packとサーチコンソールを連動させる

・Search Console-インデックス登録、クローラー巡回

GTmetrix-サイトの速度表示

構造化データ マークアップ支援ツール-パンくず作ったらマークアップする

キャッシュについては機会あれば書こうかな、結構めんどくさくなってきた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。